読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

30代無職が実家に帰省

猫=人類の支配者

土曜の夜から実家に帰省してきた。寄生とも言える既成の事実であり、その内規制されるかもしれない。以下、両親との会話。

僕「あったかいとこで猫撫でながら静かにくらしたい」

父「www まあ、そんな年齢じゃないわな。院試もういっぺん受けるんじゃないのか」

僕「どうすっかなぁ。別にそこまでなんだよなぁ」

母「じゃ、資格もってる仕事すれば」

僕「もう興味ない、やるなら他のことをしたい」

父「英語できるなら、旅行添乗員とか。あとは介護」

僕「介護か、すでに介護みたいなもんだったけどな、やってた仕事」

父「今さらサラリーマンにはなれんだろうて」

母「まあ好きにしなさい、がんばって」

僕「」

 

ということで、今後も先は見えない。自分の専門分野に関係する土地や国々を観光して回るというのも良い気がするが、なれば、相当に金を準備していった方が良いのではないか。となると、なんでもいいから数年働くか。働き始めれば、おそらく当初の目的など蒸発して惰性で動くようになるのではないか。

 

期限はあるだろうが少なくとも一年間はダラダラと金が入って来るというのは、やはり良くない。ダメ人間がさらにダメになるという話。ということで、今晩から沖縄へ出発である。