読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

沖縄6日目を振り返る

昨晩はしょうもない記事に煽られて、どうにも書く気分ではなく書かなかった。が、記憶が記録となり歴史となるので、無意味でもことばを置いていこう。

f:id:timelost:20140413232850j:plain

4月14日 月曜日

 朝、平日なので仕事へ出かける友人を見送った後、とりあえず部屋を片付けてみたり云々。いつも遅寝遅起きに慣れている僕としては、一般社会人と同じ時間帯に起きるとは、少しばかり辛い。

 昼食を有名な蕎麦屋にいこうと決めていたので、その場所の検索とネット閲覧。新しい2chでksスレを立ててみる。全8レスで終わってしまった。かなしい。沖縄そばは本当に美味しかった。島でしか取れない「惣慶もやし」もおいしい。帰り道、謎にデコられた沖縄家屋を発見。ある種の狂気を感じる。

f:id:timelost:20140413234819j:plain

 午後、見ようと思っていたアニメ蟲師の続章を二話まで確認。うむ、いいね。今期、期待のアニメである。夕刻、読書するもイマイチ気分が乗らず、街を散策。寂れた離島の港町というのは、何か思わずいろいろなことを考えさせられる。

f:id:timelost:20140414055343j:plain

 見知る人のない町で、改めて一人になると、結局、何も決まらない自分だけが浮き彫りになり、海から吹く風の冷たさにわびしくなった。

f:id:timelost:20140414054342j:plain

 歩いていると猫と犬に出会う。犬が屋根の上に座っているので、カメラを向けると彼は立ち上がった。で、紐につながれていない。さっと冷や汗をかく思いがし、そそくさと歩き去る。

f:id:timelost:20140414060038j:plain

鄙びた町の空は曇りで、いかめしく僕を見下ろすシーサーの目がなんとも厳しいように思った。

f:id:timelost:20140414060341j:plain

 帰宅後、片付けやら何やらをしていると友人が帰宅。ご飯を炊き、島の高校生の手作り新玉ねぎを買ってきたというので、豚肉と新玉葱の梅肉炒めを作成。「俺がつくったどれよりもうまいさー。」と友人が言っていたが、当然だ。こちとら一人暮らしを何年もやってるし、非モテDTをナメないでもらいたい。これからも未来永劫一人暮らしだYO!(・∀・)!

f:id:timelost:20140414080800j:plain

 食べながら、最近、僕が何を悩んでいるのかみたいな話になり解説。確かに周囲からは、僕が何をウニョウニョ言ってるのか分からないとは思うが、無事に伝わったので良かった。