読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき 友達カードの枚数が減った

アニメ・漫画 ラーメン

ふと思い出したので、三年前の日記をまず貼ってみる。

2011年6月初旬

6/10(金)

 11時半にセミナリ出発。よく晴れた日。TOKYOで昼食後、空港へ。友人と別れた後にパソコンを忘れたことに気付く。あまり感慨もなく、また疲れていたり、パソコンのことで気が気でもなく、さらに、何かまた戻ってきそうな感覚もあり、約3年を過ごした街を後にする。飛び立つ瞬間だけ目が覚めた。シャーロット経由でシアトルへ。クタクタになりつつ、現地時間11時半、僕の時間で2時半に合流。

6/11(土)

 午前中はゆっくりさせてもらう。午後から水門橋?やら何やら。マイクロソフト本社群、スタバ一号を見て来た。観光地のところも面白かった。魚もうまかった。
6/12(日)

 一日教会。いい時間だったし、レターも渡すことができた。
6/13(月)

 朝、10分遅れでシャトルバス到着。さようなら、アメリカ。

 13:08離陸。
6/14(火)

 北米東部標準時で23:45、日本時間夕方の4時過ぎに到着。荷物のことなどあるが無事について感謝。知人宅で休む。コンビニでラーメン、ジュース、あぁ日本。

 

 で、2014年の同時期を迎えた。この日記は、帰国の勢いで、数人の人に会うという話が以下に続く。しかし、ちょっと自分でも笑ってしまうが、日記に記されている人たちとの交流は途絶えている。基本、ビジネス上の付き合いでなく、学生時代の延長だったからだろうか、こちらが、もういいと思ったら、それで終わった関係だった。

6月12日 木曜日

 半分程度は期待していた友人からの返信はなく、まあ、そりゃそうかと微妙な思いとなり、後味の悪さというかあっけなさを思った。しかし、基本的に友人の少ない人間としては、人生ゲームにおける友達カードを一枚失ったことはそれなりにショックだ。

 昼過ぎに、友人の司祭さんから長崎巡礼の話を写真つきで伺う。長崎すげえ。中学の修学旅行でいったはずだが、ちなみに、行ったこと、阿蘇山?の硫黄の匂いがひどかったことしか覚えていない。もったいないことしたなぁ。

 夕刻、通り雨で激しいのが降る。微妙である。その後、高学歴ワープアになりかけている友人と会った。彼のように能力ある人であっても、食えないこんな世の中は理不尽である。ポイズン!我ながら友達カードの減りを補うための行動だと思った。タイカレーの店へいったが、美味しかった。 

逃げるは恥だが役に立つ(1) (講談社コミックスキス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (講談社コミックスキス)

 

 帰宅後、フィリピンの知人より連絡。iPodを電車内で掏られたんだとか。失ったものは帰ってこない。でも、帰ってこないので、文句を言っても仕方ない、みたいな話をして笑い合った。そりゃそうだな。

 深夜、眠いが、どうにも微妙でアニメをいくつか見て、漫画を読んだ。高齢童貞の話で身につまされた。しかし、現実には、こんなこと起きないよね。 

 いつか誰かが歳をとるということは得るものの総量>失うものの総量となることだと言っていたが、そういう時期に入ったのかもしれない。産業革命以前の世界だと既に平均寿命を生きてるし、そういうもんなんかも。

きっと今日が最後だろう。来年には、もうアメリカにいたことをきっと忘れてるだろうな(´・ω・`)