読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:式場教会、ハロウィン、宗教改革記念日

10月31日 金曜日

 昨晩だらだらとネットを見ていたら、ウェディングチャペルを見つけたが、どうやら詐欺のようらしい。もっとも「本物の教会」と銘打っているが日曜礼拝もやっていないようなので、あからさまに偽物である。もっとも葬式仏教ならぬ式場教会なる日本のキリスト教需要という文化においては、信仰心のかけらもない見た目に西洋人であるというだけの人がバイトとして、これまた信仰や宗教には関心なくウェディングドレスを着たいだけの花嫁の挙式を行うわけだから、憤慨するようなものでもないと思う。 

f:id:timelost:20141031065626j:plain

 基本的に、ごく一部の知識人や信仰を持っている人を除いて、この国では、イスラム・キリスト・ユダヤという一神教は理解されていないし、実は多くの人が理解する気もない。ま、日常に関わりないから仕方ないとは思う。ただ、こういう詐欺が横行する商業主義と自分の憧れ達成のためには、詐欺であっても構わないと思っている妙齢の女性たちの願望はいかがなものか。宗教学を齧るものとしては、ほんのり残念に思ってしまう。

 昼食は学食へ。おろし唐揚げ丼を食べた。美味しい。午後、同居人たちに一時間の講義。神秘主義的運動の系譜というのは、暴徒化・テロ化すると本当にやばいが、つねに心理真理契機はあるものだ。

 夕刻、普段みないブログを幾つか回ってみる。基本的に自分の専門分野の裾野的なものは見ないのだが、久しぶりに色んなことを感じた。が、やっぱり僕はこの分野の人たちとやっていくのは、もういいかなぁ。夕食はハロウィンなので、かぼちゃと紅芋のコロッケを買ってきて食べた。なぜか沖縄が入っているが、それは無視する。

 夜、風邪を引き、グロッキーになっている院生氏となぜか久しぶりに修羅パンツ、ニート芝刈機を見た。少々可哀そうではあるが、しかし、どうしても笑ってしまう。つか「修羅パンツ」というネーミングがやばい。古いものだけど、何度みても笑ってしまう。 

 雨が降り出したので洗濯ものを取り込んだ。そういえば、今日は宗教改革記念日だった。いわゆるキリスト教国の保守的プロテスタントの家庭だとハロウィンの代わりに、宗教改革を祝ったりする。僕は外国人だったので、両方とも招かれたことがある。どちらかというとハロウィンのほうが楽しいが、宗教改革に関して知ることは楽しいものなので、興味のある人は以下リンクをオススメする。ハロウィンや宗教改革について、一般的な理解を得ることが出来ると思う。

 深夜、Ustreamに残していた講義録が、無料アーカイブの終了とともに削除されるとのことで期限ギリギリになったが、動画転送を行った。結果、深夜三時過ぎまでかかった。眠くて朦朧とした。


宗教改革記念日 : 牛久教会の牧師 かねごん日記

宗教改革の真実 (講談社現代新書)

宗教改革の真実 (講談社現代新書)