読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:カレー、お節食った、大晦日

f:id:timelost:20141231001755j:plain

12月31日 水曜日

 年が変わるからと言って、何がどうなるわけでもない。過ぎし2014年を振り返ろうにも、そこには振り返るべき内実が存在しないというのが実感だ。個人的には、2012年の秋頃から僕の人生は予想をしない方向へと動き始めた、のか転げ落ちているのか...という感じ。人生がオリンピックならば、僕は優勝できるかもしれない。いや、せいぜい県大会くらいか。もちろん出場競技は、フリーフォール。重力に逆らうことなく、惑星に引きつけられるまま、自由落下ヒャッハー(・∀・)である。

 午前、昨晩、遅くまで勉強したせいもあり遅めに起きる。11時に近所の駅まで人を迎えにいく約束をしていたので、ちょうど良い時間に起きた。身支度をし迎えにいく。その後、車を置いて、近所のカレー屋へ。本当は最近できたパスタ屋へ行こうと思っていたが、昨日から休みらしい。こういう休店期間のお知らせを見ると、さすがに年の瀬を実感する。

 到着したら、客は僕らしかおらず、そのままランチ。1200円のスペシャルセットを頼み、ホウレンソウと鶏肉のカレー、バターチキンカレーの二種類を頼む。どちらも値段に見合う美味しいものである。

 友人たちを楽しく食べて、うちへご案内。今は誰もいないので、キッチンで珈琲を飲みながら様々にしゃべる。年上の友人(教授・妻子持ち)と、同世代の友人(独男)だったので、結婚の話になった。個人的には、もう諦めつつある。出来たらいいが、たぶん無理なんだろうと思っている。無理なことは諦めて受け入れるしかないので、たとえば、人間に羽根が生えていないことを嘆いても仕方ないのと同じで、僕が結婚できないのもまた、まあそういう仕様だったのだろう、と思った。

f:id:timelost:20141231111854j:plain

 四時過ぎ、友人たちを最寄ターミナル駅へ送迎。共通の知人が多く、また、僕の専門分野に関わる話が多かったので楽しかった。同時に、以前属していたサークルというか村的世界から、僕はもう逸脱して久しいことに気づいた。地球も狭くなったらしいけど、まだまだ僕には広い。その広さ、長さ、高さ、深さを探ることを楽しめる人たちといるのは、いい時間だった。帰り道、道路沿いにウソみたいに人がおり、突き当りの神社には出店まで出ているので、いったい何事かと思ったら、そういえば、今日は大晦日だった。

 帰宅後、米国より帰国中の友人より連絡あり。つながらなかったので、彼が滞在している義実家へ連絡。奥さんのご両親は、僕も仕事関連でお世話になっているので、ご挨拶に伺えないことを詫びつつ、御礼を申し上げた。丁寧かつ親切な人々である。敬服あるのみ。

 ふと大晦日だと思うと、黄金イカ?(名前がよくわからない)を食べたくなり、スーパーへいき購入。明日は雪が降るかもしれないし、寒い中、外に出るのが嫌なので、少し食糧を買った。数の子とか久しぶりに食べたいな。あと、ママカリも食べたい。

 食後、友人より僕の専門分野に関しての質問。おもしろい事案が発生しており、端的ではあるが意見を申し述べた。良いことになればいいなと思う。その後、やっと勉強。今晩も遅くまで頑張るかな。