読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:夢、雑務、服を買う

f:id:timelost:20150310041421j:plain

3月10日 雪のち曇り、時々晴れ

 今朝は変な夢を見た。理由は、最近、友人であるお坊さんのお寺の信徒になろうかと思ったからだろうか。明瞭会計であり、人物としても宗教者としても信頼できるからだ。僕個人は、基督教徒であるが自分がどのように葬られるかなどに興味はなく、また特にプロテスタント教徒である以上は、冠婚葬祭は教会の権威の範囲外にあると考えているので、特段の好みはない。ただの推測でしかないが、日本仏教は懐が深いので、仏教者からすれば火宅であり異教徒である僕にでも死亡手続きくらいならやってくれるんじゃないか、と思ったのだ。

 で、変な夢というのは、僕が神社にいて、なぜかそこで友人のお坊さんたちを前に、僕も信徒になります、と伝えたら、非常に微妙な顔をされて、さらに誰かは分からないが周囲には反対されて、なぜか僕が祈ってトボトボと帰るという内容だった。夢の解釈など出来ないと思うが、フロイト先生によれば、これもまたリビドーなのだろうか。

 午後、半年前に書いた学術大会の講演要約記事のオンライン化、事務連絡。二時、遅めの昼食。三時半、タイの友人に聞きたかった映画エクソダスの解釈について質問し手解きを受ける。四時半、まだ明るいうちにと運動のために歩く。有名な一乗寺の恵文社にいってみたが、ジャージのおっさんが入る場所ではなかった。残念。

f:id:timelost:20150310043401j:plain

 歩きながら梅?が咲いているのを見つける。春が近い。子供たちがシャボン玉を吹いていたので、シャボン玉を撮影できたらと思ったが、小中学校の近くであり不審者扱いされても困るので、そそくさとその場を離脱した。

 帰宅後、東京へ行く際に持っていく服がないことに気づき、ない金を使いズボンとシャツを一枚買った。帰宅後、荷造り準備。服の数がそもそもないので、洗濯ものを全部洗い外に干した。雪が降るほど寒いが風が強いので、明日の朝には少しでも乾燥しているといいのだが。

 普段リアルタイムで書いたものを更新することはないのだが、就寝前、3月11日ということで、思うところをブログに書いた。何も元には戻らないだろうが、被災地の皆さんにとって、納得できる形なり、時間が過ぎることを願うばかりである。まだまだ寒い。