読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:日曜日、卵丼、博士帰宅

f:id:timelost:20150319094613j:plain

3月22日 日曜日

 まだ朝は寒い。院生氏を教会に車で送り、友人牧師のいる教会へ出席。iPadで聖書を読むおばあちゃん、何度みても思うが時代である。牧師の父親が講師で来ているそうだ。親子二代で牧師。是々非々であろう。

 帰宅後、鍵が開いて、玄関には大きなスーツケースとビーチサンダルが無造作に玄関に散らばっている。博士が帰ってきたのだ。が、見当たらない。そういえば、今日帰ってくると言っていた。東南アジアの密林で調査を終えた後は、東京と鹿児島で学会に出ると言っていた。

 昼食を何にしようかと作りはじめたら博士が起きてきた。どうやらさっき帰って寝たらしい。学会の打ち上げで昨晩3時まで飲みに付き合い、始発で帰ってきて、12時前に帰宅したのだとか。相変わらずタフな男である。

 ブランチにしたという彼は昼食はいらないというので、僕は卵丼にした。残り物の味噌汁も食べた。約一か月ぶりの博士は、相変わらずよく笑う。関西弁でいういわゆる「ゲラ」である。響く笑い声に、なんだか春が近いことを思った。

 午後、ほこりっぽい空を見ていたら雨が降り出した。博士のお土産である鹿児島の明石屋の軽羹を頂く。山芋入りという、しっとりとした蒸しケーキ。美味しい。珈琲を飲んで一息ついたので記事を書こうと思ったが、昨日の疲れか寝てしまい、そうこうしている内に暗くなってしまって一日終わり。院生氏と博士が11時過ぎに帰宅。しばらく賑やかになりそうだ。