読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:寝る、らぐほ、思い出

アニメ・漫画

f:id:timelost:20150906165731j:plain

らぐほのえりか | Tumblr ↑上掲画像は左記より引用しました↑

9月3日 木曜日 曇りのち晴れ

 一日寝る。問答無用で体力回復。

 夜、東南アジア在住の友人と話した。

9月4日 金曜日 晴れ

 昨日、丸一日寝たので元気になった。散らかりっぱなしの書類やら本を戻し掃除機をかけた。午後、久しぶりに西洋古典君と話した。セム系古典語のテキストについての問い合わせだったので、色々あるし、どうせなら来てみたらという話。

 僕も知人にギリシャ語を教えるという大それた話になりつつも、苦手なまま忘れていくには惜しい気もし、宿題的に残された人生の課題のような気もしたので、西洋古典君にどんなテキストが良いか聞いた。楽しく幸いな時間を過ごした。

 その後、研究室のPCセキュリティ関連で情報なんちゃら室から連絡があったので大学へ。ソフト、OSの更新をして、スキャンも二回した。別段問題なさそうなのでメールの返信をして帰宅。夜、フィリップ.K.ディック『高い城の男』を読み始めた。あと、買ったまま読んでいなかったらぐほの総集編も読む。


 らぐほを読みながら思ったが、思い出ということについて考える。あの思い出があったから、今頑張れるというようなものは僕にはなくて、思い出したくもないことのほうが多い。または、思い出したくもないので、どんどん忘れていく。魚が水槽の中で平気な理由は、三秒で忘れるからだという嘘か本当か分からない話を聞いたことがあるが、僕も似たような感じかもしれない。

 ただ、改めて考えてみると、思い出ということがあまりない代りに、僕は誰とも知れぬ人々に、ブログを綴っているのかもしれない。思えば、人がことばを紡ぎ文をしたため絵を描くというのは不思議なことである。

 ちなみに、らぐほさんHPは以下。多くのけいおんファンにとってそうだと思うが、らぐほが表すけいおんが僕は大好きである。今後の活躍を心から願っている。

http://ragho.net http://ragho.net/