読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:漫画監修、カツ丼、バイト

f:id:timelost:20100101093158j:plain

※写真は2010年初日の出コロラド州ロッキー山麓

9月25日 金曜日 曇り

 午前中、来年二月あたまくらいに出る予定の漫画についての打合せ。僕は監修で入るのだが、監修とはいっても別段大したことはしない。僕に求められていることは設定上、これはあり得ないとか、こういう場合もありますよ、とかそういうことを言うことだ。プロの作家さんとプロの編集者が話を作っていく様子は興味深い。

 アニメ、絵、マンガ、映画、小説、家具、自動車、プログラム、料理、なんでもそうだがモノを作れる人々ってのは本当に凄い。無産階級というのは労働者のことを意味するのだと思うし、どちらかというと僕は高等遊民とか書生とかそういう類であって逆なんだけど、無産という言葉に、自分が込められているような気がする。が、関わる以上は、少しでも良いものになったらと思う。

 昼食はカツ丼を自作。昨晩、半額で買ったトンカツを、もう一度オーブンで焼いて油を落として使った。おいしい。午後、3時より元同業者のオンライン会議があるので、それまで記事作成の下準備。面倒であるが、金を稼がねばならぬ。

 夕方、元同居人社会人氏が来るってことで少し買物。夜、趣味をかねたバイト的何かを行い、時計が回る頃に元同居人社会人氏、到着。明日これをみようと思う。