読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:収録帰り、ハラルらーめん、バイト

京都 宗教・歴史 ラーメン

f:id:timelost:20150929040119j:plain

9月29日 火曜日 晴れ夏日

 寝起きにギアスがよぎる。10時半頃、NHK出演帰りの友人より連絡あり。昼飯と連結して打合せがあったので、彼もそこへ誘って合流した。おもしろいなと思ったのは、東京のNHKよりも関西のNHKのほうが金払いが良いとのこと。予算枠と番組の数のバランスなのだろうが、なるほど。

 昼食はホテルでもいいかと思ったら、最低三千円とかなので、外に出てローカル・ハラルらーめんを食べた。礼拝所付きのラーメン屋は珍しいかもしれんが、観光客に向けた街である京都っぽい。ちなみに、スカーフをかぶったイスラム教徒の女性が給仕していたが、まだ慣れないらしく持ってくる順番を間違えていた。がんばってくれ。

f:id:timelost:20150929001229j:plain

f:id:timelost:20150929001218j:plain

 打合せでは、競合他社の期待の星と広い業界内の問題について話す。おもしろい人だと思う。打合せの後、友人准教授とベローチェへ。関東では降りる駅ごとに見かける気がするが、関西ではあまり見かけない。単純に関東の店なのか関西での出店が少ないだけなのか。

 准教授氏とは共通の知人が多く、そのほとんどが僕の学生時代の人々である。しかし、結局、僕にとって20代前半頃までの思い出というのは美しく懐かしい思い出にはならず、僅差で黒歴史つまり呪いに傾いている。が、呪いというのも時間の流れには勝てない。二千年前の呪いが生きているとなれば、それはもはや伝統宗教と化しているはずだ。でもファラオの呪いとかあるんだっけ。

 帰宅後、明後日から始まる後期に向けて部屋を片付け本棚を整理。夜10時、やっとやる気が出てバイト用の記事を書き始め、休憩を挟み夜1時頃、完成して提出。ちょっと長くなってしまった。

f:id:timelost:20150929040253j:plain