読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:授業四日目、タコライス、愚物語

http://pbs.twimg.com/media/CQjFLGgVAAA4fJZ.jpg

 

講談社BOX:西尾維新<物語シリーズ>|講談社BOX

10月6日 火曜日 曇りのち晴れ

 カメラを谷底に落とす夢をみて起きる。夢で良かったと思うけど、嫌な話だな…。昨晩買った半額弁当を食べて出発。今日は昼を挟んで授業が2コマあるので、昼食抜きの予定で動くことにした。昼食べて午後に語学をやるのは無理がある。眠くなるし。

 午前中1コマ目は指導教官の授業。研究分野の最先端の話が聞けるので楽しい。おもに環境、経済が視野に入る。人文学知の社会学的適用とでも云おうか。パンデクテンの現代的慣用みたいな感じ。

 昼休み、しみチョコを少し齧って珈琲を飲み、空き教室で寝るかと思ったら教授に呼び止められた。昨晩、バイトの件でまだ確認した方がいいことがあるので、5限に顔を出せますか、とのこと。ええ、まあ、そりゃぁ行きますが時給は発生するんでしょうか…。

 ということで、15分ほど昼寝して古典語中級クラスへ。内容は動詞の概念と機能について。いま習っている古典語において、名詞とは形容詞であり、形容詞は分詞的である。また過去形は完了形であり未来形とは未完了形であって、現在形は存在しない。印欧語の文法用語では包括できないセム語系言語の豊饒さというか、いかに自分の頭がたいして文法や語学に向いていないにも関わらず英語的な文法概念に縛られているのかを実感した授業だった。

f:id:timelost:20151008210013j:plain

 本来ならば本日はこれにてお役御免で一目散に帰宅するところなんだが、問答無用バイトの打合せのため戻ってこなくてはならない。が、そこは原付5分の強みである。帰宅し、取材依頼やら事務連絡を行った。

 5限の時間になり研究室へ。話を聞いていると、時給1200円で助教の授業1コマにつき一時間、2コマあるので週2時間のお仕事なんだとか。いや、増えてるんですけど…(白目)

 ただ話を聞いていると研究室や助教なりへの予算配分が通告されるのは上半期が終わった後だとらしい。つまり、予算総額を知らされぬまま研究しなくてはならないらしい。いやいや、オカシイだろ…。つか、お役所仕事やばい。ということで、僕が受け持つバイトは時給1200円×2コマ×15回である。総額3万6千円でそれが11月から2月の四ヶ月間の期間雇用になるので月に9千円。予算枠が決まっているので時間外労働などあり得ない。従って賢く立ち回る必要がある。

 なんだか疲れ果てて帰宅。昨日食べ損ねたので、久しぶりにタコライスを作成。改めて再来週のための取材依頼をし、キッチンにて夕食中の医学部氏と一時間ほど雑談した。その後、ブログを更新して終物語をみた。最新刊が出ているので買わなくては。

f:id:timelost:20151006062727j:plain