読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:土曜日、ピザ、エンケパロパチー

f:id:timelost:20151010004747j:plain

10月10日 土曜日 晴れ

 朝、起きるとひどく頭痛がする。どうにもならないので、葛根湯を飲んで寝た。昼食は院生氏が帰りがけにピザを買ってきてくれたので、それをキャベツと一緒に齧った。毎度のことながらLサイズ45cmは満足度高い。もちろん一人で食べれるようなサイズではない。

 食べながら院生氏が昨晩出席した研究会にいたという自称医者の卵のおっさんが、やたら「エンケパロパチー」を連発した話をきいた。たぶん正確にはエンセファロファシー?って発音なのだろうか、脳障害とかそういう意味らしい。昨日院生氏が出た研究会というのは、いわゆる民俗学的現象についてのものだったのだが、人文学知に関して最低限の素養もないのか、そのオッサンは、要するに自然科学で全て説明がつく、という主張をしたかったようだ。いつも思うけど、科学の三区分を理解していない人が多くて驚く。医者?なのにバカなのか…。

人文学概論―新しい人文学の地平を求めて

人文学概論―新しい人文学の地平を求めて

 

  たとえば、自由なり愛なり人権なりは、目に見えないが存在するわけで、それらは自然科学的に確証できないのだ。となれば、対象に沿った研究方法を取ることで検証可能になるものもあるだろうに。

 昼食後、まだ頭が痛いので、また寝た。夕食は急遽連絡のあった友人に会いに京都駅へ。出張で関西に来ているらしい。思ったより話すことのない時間となったが、それは僕と会っている間に、職場関係の人の訃報を彼が受け取ったからだろう。

 彼の奥さんが僕によろしく、とのことで、有難いことだと思った。帰り際、記者の友人と電話。おもしろい話になった。もう原付で走るには寒い中、帰宅した。すっかり寒くなってきた。