読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:沖縄いきたい、教授とカレー食べた、ゲゲゲのゲ

訃報 アニメ・漫画 沖縄お試し移住 他

f:id:timelost:20151127015318j:plain

11月30日 月曜日 晴れ

 朝、起きて昨晩安売りで買ったピザパンを食べた。最近、来客もあって好き放題食べていたが、再び夜は炭水化物を抜いて微減を目指さなくてはならぬ。昨日、今日と本当に寒くなったので沖縄に行きたくなった。春頃までに一度沖縄に行けたらいいと思っている。そんなことをぼやいていたら、沖縄在住の友人より「Tシャツ半ズボンなう」と連絡があった。ナンテコッタ\(^o^)/

 午前中、夕方からの演習に備え読まなくてはならない論文があったが、外出用無線LANの選定をしていたら時間を食ってしまった。どうしようかなぁ。とりあえず一カ月なしでやってみようか。

 部屋を少し片付けて洗濯して干したら昼。他大学でTAバイトに向かう院生氏と安売りだった太巻、味噌汁、イカフライを食べた。珈琲をひとくち飲んで、論文を読もうかと思ったら水木しげる氏の訃報を目にした。93歳、天寿を全うされたのだろう。

 ゲゲゲの鬼太郎はじめ「のんのんばあと俺」など、多くの作品が僕の幼少期、青年期の娯楽だった。人が年を重ねていくというのは、自分が世話になった人々との別れが増えて、自分を必要としない力ある人々が起こることを目の当たりにすることなのだと思った。おばけのような人生を長く過ごしてきたつもりだが、いつの間にか、僕には試験も会社もあるようになってしまった。いつか遠い何かの果てに、たとえば久米島のハテノ浜のような場所で、戦友や妖怪たちに囲まれた水木しげるに僕も出会うことができるのだろうか。年末になる前に、一度、祖父母に顔を見せに行こうか。

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

 

www.youtube.com

 夕方、論文を読み付け焼刃の準備をしてTAバイト、演習出席。その後、外国人助教の予算執行のために教授含めて面会。面会後、教授が学内の喫茶店へ夕食を誘ってくれたので助教と三人で食べた。が、喫茶店が閉まってたので、文学部近所の交差点の二階にあるタイカレー屋へ。教授とカレーのイメージが合わなかったが、値段と手軽さで、よく使うらしい。僕の研究対象について聞かれたり、または意外な教授のおもしろい一面を見つけたりして貴重な時間となった。

 御礼をいって帰宅。師走の夜闇に、みんなで歌おう、ゲゲゲのゲというあの歌が風に交じって遠くで聞こえるような気がした。

f:id:timelost:20151203110117j:plain

f:id:timelost:20151203110123j:plain