読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:日曜日、陶工の意図、バーニー

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/8/c/600/img_8c4a5c0fcb76031614a3df28779e638b122849.jpg

※上掲写真はhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/47496?page=3より拝借

1月31日 日曜日 晴れ

 礼拝出席。陶器師なる神というお話。創造主であり贖い主である神によって、人は皆「憐れみの器」であるという。なるほど。「器は中身によって完成される」というのは、おもしろいことだなと思った。つまり、陶工の意図たる用途の実現、その喜びの達成こそが目的である。茶碗は茶を淹れられてこそ、そして誰かがそれを飲み喜ぶときにこそ完成するということだろうか。

 帰り道、運転の荒い車にびびる。勘弁してくれ。午後、大統領選関連で若者がサンダース、年配者がクリントンを指示するというニュースを聞き、おもしろいなと思った。まあ世代間闘争のようなものは、どの国においてもあり得るということだろう。

 にしてもアメリカにいたとき、僕の周囲は皆、典型的な米国人だったので社会主義とかすごく嫌いだったけど、もう時代が変ったということだろうか。あの頃は、日米ともに大転換の時代であった。その是非は僕には問えないが、日本では民主党の歴史的勝利、米国ではオバマ政権の爆誕であった。でも日本の選挙の様子はそんなに流れてなかったけどなぁ。対米従属というのが冗談でないよなぁと思う。帝国主義のあとにきた植民地島国根性、どう考えるべきか。どういう形が正常なのかよくわからない。そういえばアメリカといえば高い城の男のドラマをみたい。これ、ラストも原作のまま行くのだろうか。

 あと、なろうに、この日記を掲載して小説にしたらどうかと思ったが、どうなるだろうか。ちょっと興味ある。夜、院生氏を交えて九州の釣り人とスカイプした。