読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:さらば友よ、オービスの恐怖、requiescant in pace

f:id:timelost:20160310230537j:plain

3月11日 金曜日 晴れ、曇り、雨、晴れ

 朝9時半すぎに出発。珈琲と海鮮まんをコンビニで買って高速へ。高知から愛媛・香川を抜けて瀬戸大橋へ。途中、オービスの下にある赤い丸二つの片方が光ったように見えた。えっと思ったが、助手席の友人いわく「何か光ったねぇ」とのこと。oh...、テンションだだ下がりである。

 広島へと向かう作家氏とタイの友人を岡山で下ろし、今度はいざ関西へ。同居人社会人氏、本日は夜勤ということで、ちょっと間に合わない可能性もあるので大阪市内の職場へ直接向かった。十分に間に合ったので杞憂であったが、阪神高速こわすぎる。全車線で全車がウィンカー出したのには戦慄した。もう阪神高速を運転したくない…。

 無事に友人を送り届け、今度は森の宮から京都へ向かい無事に帰宅。高速を降りて京都市内に入り、十条の標識をみて安堵感。帰ってきた。川端通りを北上する頃には太陽が明日を向いて夕暮れ色に空が変わっていた。帰宅後、ググりまくった結果、オービスは見間違いだったらしい。良かった。制限速度を30kmとか40km超過しなければ光らないらしい。高速で120kmとか出す趣味はないので安心。

 夜、3月11日を思った。requiescant in pace。普遍的な意味を超えて、僕にとっての意味を考えている。

f:id:timelost:20160310220811j:plain

f:id:timelost:20160310231550j:plain