読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:パイドン、跡地作成、モーガン・フリーマン

宗教・歴史

5月30日 月曜日 曇り

 朝、パイドン精読の授業へ行く院生氏とした会話が酷かった。

僕「おはよう」

院生氏「パ↑イドぉン?」

僕「」

 研究し過ぎて頭おかしくなったか...可哀そうに。昼食は高知くんと近所のカレー屋へ。久しぶりにマトンを食べた。おいしい。午後、管理している村おこし的ブログを久しぶりに更新。一度くらいは訪ねてみたいものであるが、いつになるか。行くなら夏がいいかもしれない。写真でみる限り美しい場所だ。その後、もう一つ更新。懇意にしていたネットサービスが明日正午で閉鎖ということで、そのデータを跡地としてブログにした。帰国後から使っているので長い付き合いだった。requiescant in pace.

 夜、モーガン・フリーマンが出てるナショジオの番組をみた。昨晩はted2で人権派弁護士として彼を見たな。なんていうか、この人は画面に映るだけで何かの説得力があるので、ちょっとずるい気がする。それとナショジオの"Story of God"日本語版の特典なのか、山折哲雄が出てきたのは笑ってしまった。そういえば、ご近所さんなんだっけ。宗教学者っていうか仏教学者じゃないのか、と思ったが、まあそんな感じか。臨死体験ということを一つの補助線として引く番組構成だったが、なかなか興味深い。物理的に人間の体が死に向かっていく際の生理学的反応の反照なのだろうか。朝、パイドンの話が出たから、期せずしてそんな一日。

パイドン―魂の不死について (岩波文庫)

パイドン―魂の不死について (岩波文庫)