読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:京都、趣味、開票日

f:id:timelost:20160714105242j:plain

7月10日 日曜日 晴れ

 朝、教会へ。母方祖母の訃報からもう一週間もたったのかと教会へ逝きながら思う。今週はとにかく疲れた。昼食は、東京転勤が決まった友人から連絡あったので、三条の焼肉千円食べ放題へ。三条にこんな店があるのかと驚いた。雑居ビルから眺める京都と滋賀を隔てる山々をみて、いかに京都が小さな街かを思い知らせる。自分がこの街に来てからの経験の密度を思うと、想定している街の広さはもっと大きいものだ。その縦方向の密度というか、歴史的文化的に重層化した構造が碁盤の目と言われる規則性に従って結晶化していて、その肌触りにふれながら生きるのが京都の良さとでも言おうか。御坂美琴お姉さまではないが「...ったく、退屈しないわね、この街は」とおっさんが二次元美少女のセリフを発話する事案が発生な昼食であった。以下の記事には割とフルに同意する。どうでもいいけど、友人のTシャツが中々よい。

 夕方、テレビにラジオに活躍中の、別の友人がカルチャーセンターで講義しに来ているというので、ついでに会う。ちょうど祇園祭りの準備が始まっていて四条に山車が組まれつつあった。キャンプファイヤーっぽいので、どうせなら本番は山鉾全部に火をつけて街路を走らせれば壮観なのではないか。毎年やるとコストかかるから10年に一回とかで。のちにいう平成の大火である(白目)

 奥さんの勧めで有名ラーメン店の焼飯を食べたいということで友人と京都駅に向かった。行列のあと相席となった旅行者らしき韓国人男女の女性が、なんというか人形のような感じ。整形している顔というのは、こういう感じになるのか。普通に不自然で怖かった。

 食後、新幹線まで時間があるので、駅に戻って喫茶店に入った。道すがら、友人の意外な趣味を発見。彼は全国各地を収録なり講演などで回るわけだが、駐輪禁止や自転車の看板を集めている。で、京都駅のやつはどうやら他と違ったらしい。「やっぱり、京都は違う」と興奮する彼をみて笑ってしまった。茶のみは、星乃珈琲へ行き、雑談して帰宅。戻ると、医学部生氏、高知くん、院生氏がそろっていて今で開票速報をみていた。与党が圧勝のようだ。そういや選挙だったな。楽しい一日だったが疲れた。やっと明日は何もない日である。

f:id:timelost:20160714105251j:plain

f:id:timelost:20160714105232j:plain