読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:見送り、中華、まとめ読んだ

f:id:timelost:20160819112240j:plain

8月17日 水曜日 晴れ、くもり

 朝、友人を宿泊先である大阪なんばのホテルまで見送りにいった。久しぶりに窓際に座り、話しながら外を眺めた。乗り慣れると景色は忘れるものである。大阪に到着後、元同居人社会人氏も休みということで彼と合流し昼食へ。途中、エレベーターで中国人と思わしき観光客の若い女性がぐいと乗ってきた。皆荷物が大きいので必然、妙な前傾姿勢になることもあり、目の前に、その若い女性の大きく開いた胸元から下着が派手に見えた。事故である。面食らっていると、僕を察したのか彼女の連れの女性が、その若い女性の髪の毛で胸元を隠してくれた。危うく事案発生で逮捕されるところだったが、冤罪回避、何事もなくて良かった。

 昼食は通りがかりで。中国の方が沖縄で調理師免許をとって営む店である。かなり良い感じ。ランチは弁当500円、一盛で580円。大学付近でやれば死ぬほど儲かると思うが、果たして。にしても中華は世界中、どこに行っても美味しいというのは有り難い。英国のメシはマズいのか、英国から来ている友人がうまいと言っていたのが印象的だった。

 それにしてもなんば界隈、観光客が多い。おそらく、ほとんどが中国と韓国からである。10年前、15年前にはなかった景色だと思うが、アジアの辺境国たる我が国においては、これが割にデフォルトの景色だったのかもしれない。政治的、文化的な価値判断は僕には分からない。いわゆる近代国家の枠組みが、たとえばネットやiPhoneという技術を下敷きにした生活スタイルによって均質化して、事実上手続きのみになっていくのはあり得よう。そうなると浸透膜としての国境線の機能・意味もおのずと変化するのだろう。

 食後、道路工事がやたらうるさい珈琲屋へ行き、そのあと友人たちと別れた。次に会うのはいつだろうか。行きつけの喫茶店にいき、読書&歓談。夜、久しぶりに大量に哲学ニュースを読んだ。楽しい。あとX-MENの続きを見るために、見ていないのを観なくてはならない。