読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:搬出、ホワイトボードの行方、焼肉

f:id:timelost:20160919231123j:plain

9月19日 月曜日 曇り

 朝、起きて静かに祈る時間をもった。母の夢を見た。誰もが年をとる。午前中、ブログを更新、編集へ原稿の締め切りを確認。10時半、医学部生氏の荷物を運び出し。彼はマイナーチェンジを選び、徒歩圏内に住むことになった。高知くんの車で二回ほど運んだ。段ボールが欲しいのと、僕の財布が見当たらないので4人で僕の新居へ。結局、部屋の中に財布はなかったが、帰宅して、改めると財布はあった。良かった。

 昼食は、近所の大学にできた喫茶店。鹿肉カレーを食べて、美味しくはあったが1200円は高いし、水はセルフサービスなので価格帯の割にイマイチである。食後、ホワイドボードの引き取り先が決まったので、友人が住職を預かる寺へと搬入。まず医学部氏の部屋に荷物をおろし、次にドイツへ旅立つ院生氏の本を三箱、研究室へと運んだ。はじめて大学構内を車で運転したので、ちょっとテンションあがった。

 その後、京都市内を南下してお寺へGO。思ったほど込んでいなかったので、無事に引き取ってもらって帰宅。今後、あのホワイトボードに書き込まれるのは、宗教学、哲学、工学、数学、生物学、農学、古代語などの話題ではなく仏教やら京都の話になっていくのだろう。数奇な運命をたどることになった白板の未来に期待したい。個人的に、非常に納得のある引き取り手を得て幸いだ。持つべきものは友である。「御礼というわけではないが」と、購入後、著者謹呈を受けた本をもらった。『近代仏教スタディーズ』なかなか面白そうである。

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

近代仏教スタディーズ: 仏教からみたもうひとつの近代

 

  帰宅後、少し休憩し締切を確認。明日の午前中までとのことなので、とりあえず主題だけ決定。ミニコラムなので大したものではないが、時事問題か主張なり皮肉をピリリと絡めねばならない。博士も帰宅しており、明後日の昼には出発するとのこと。海外学振は大変である。明日はゴミの日なので、可能な限り出せるものは出さなくてはならない。

 夕食は、以前から高知くんを連れていきたかった謎高サービスの焼肉屋へ。雨も降っていたが、近所の非常勤講師氏も呼んで4人で食べた。なお博士は5分後にくるわ、と言っていたので、どうせ50分後だろうと思っていたら、本当に50分遅れて到着。ついでなので新居に少し立ち寄り博士に紹介。彼は11月にまた戻ってくるので、その際には泊まっていくのだろう。で、今日気付いたが、新居の乾燥機は一回100円で40分らしい。なんと、有り難い話である。しかし明日は台風らしいので、明日の搬出は難しいかもしれない。

f:id:timelost:20160919231015j:plain