読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:博士の出発、大学デビュー、配置決め

f:id:timelost:20160926115923j:plain

9月21日 水曜日 くもりのち雨

 8時前に起床。博士の冷蔵庫搬出を手伝い朝食。博士、出発。次に会うのは11月である。「帰ってきたら、もうこの家ないのかぁ、あぁ、さみしいなぁ」と笑いながら歩く彼の背中を見送った。色々と考えたが、博士の部屋に置いてあった院生氏の白い本棚を持っていくことにした。本を置く場所が足りないのだ。

 昼は百万遍にて中華定食。隣で話すテニスサークルの男子学生たちが分かりやすいウェーイであり興味深い。院生氏によれば、彼らも本当は心根の優しい良い子であるはずとのこと。まあ確かに大学デビューなんだろう。窓の外をみると、今日は一日くもりとの予報だったが、外は再び雨が降り始めていた。

 帰宅後、休憩。その後、博士部屋、階段、リビング、風呂を高知くんと掃除。19時半頃、西洋古典くんとお別れ会をする院生氏のもとへ高知くんと合流。沖縄料理を食べた。西洋古典くんガルパンを見たらしい。わかっとるやないか。22時頃、新居に立ち寄りもう一仕事。本棚の配置を決定。11時15分、帰宅して空箱つくり。腰いたい。