読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:朝食うめえ、底辺記者、坊さんの野望

京都

f:id:timelost:20161003111031j:plain

9月29日 木曜日 くもり

 少し前から気になっていたからふね珈琲にて朝食。珈琲の味は僕好み。おいしい。中庭が枯山水っぽいのは京都だからか。朝食にしては値段が張るが一度行ってみたかった。そして、まさかの上司さまのおごり。なんと。ありがたや。多くの場合、職場の人間関係は色々とあるものだと思うが、僕は基本上司に恵まれているらしい。食後一度戻り、僕は片付け継続。上司は出張で来ているので連絡など仕事。

 午後二時、遅めの昼は先週いったカツカレーへ。シーフードルーにしたけど、うまい。上司もご満足。原稿は来週中に出せばよいとのことなので少し余裕ができた。出せば、どうやら最大手のニュース扱いで配信される経路ができているので、全国区で記事配信されるかもしれない。もっとも僕の原稿料は変わらないし、僕のライター稼業の内実は小遣いと親孝行のためなので、正直、文字が通帳での金額記帳に変わった時点で、自分の書いたものへの興味は失われる。文字を書くだけの簡単なお仕事です...(血を吐きながら)

 蛇足だが、ライターになりたい人たちがブロガーなどには多いようである。なぜ、こんな金にならない仕事をしたいのか、本当に謎だ..(小声)まあ金になるライターもいるのだろうけれど、そういう場合は、別の仕事や業績があるからできるはずで、社会的に共有されるべき知見と学識、または稀有で特異な経験や視点をもたない人がライターになっても、僕のように底辺記者となるだけなように思う。楽をして稼ぎたいのは誰もがそうだろうけど、結局、僕のような多くの凡人は、労苦と時間の対価としてしか金を得られないのではないか。残念なことだけれど。

 3時過ぎ。学内をご案内。上司の知人より彼に電話があり、わずかな時間でも会いたいとのことで、急遽面会。隣の大学に用事があって来ていた方が登場。僕も何度か面識のある人である。お元気そうで何より。ぐるりと回り、博物館をちょっとみた。何度か案内して思うが、いい加減、僕も観光案内のための歴史についての定型句を暗唱すべきである。夕方4時。上司同伴で学生としてではなく、指導教官である教授と面会、打ち合わせ。有益な話し合いとなった。

 夜7時過ぎ、最近、仏教のために初音ミクを購入しアイドルを育成しようとする坊さんと新居にて宅飲み。友人よりきいた西洋惣菜のうまい店にてキッシュを買い、あとコンビニでおでんを買って皆で食べた。23時半迄まで、仏教やらキリスト教やらメディアやら云々と話した。忙しすぎて来れなかった博士の友人、葬儀が入り来れなかったもう一人の坊さんの二人がいないのが残念であったが、また機会もあろう。楽しい夜である。