読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:昼夜逆転気味、とりとめのない、思い出せない

10月24日 月曜日 晴れ

 昨晩、濃い紅茶を飲んだせいであまり眠れずガーリッシュナンバーを途中までみた。声優業界の話ならば、これはぜひ見たい。朝、疲れていたのかガッツリと寝た。ゴミ出しも間に合い、ブログ更新&連絡。今日は家賃の支払いをせねばならぬ。

 午後、支払と通帳記入へ。Kingston Bibleの話をきいてほしいと思った。あとは取り留めもないことを考えた。

 オタと学者の違いを思うに、オタが特定分野の枝葉末節&物語に詳しい、学者は対象に社会性を担保することができるみたいな。知ってる一流の学者たちは皆視野が広い。なればオタクでなく、自分と学者の違いの話かと気づく。学者たちは感性も豊かだと思うので自分のように狭くない印象はある。凡人小囁。

 夜、現実逃避と寂しさから友人ほしい願望が強いことに気付く。しかし、大学関連だと地味に一般性に欠けるのでマズイと思っている。同時に、環境になれつつある。いいのか悪いのか。趣味や興味関心(アニメ)が同じだと人間関係を保てるが、そうでない人との関係が難しい。先日、もう10回は会ったであろう人の名前と顔が一致しなかった。厳密にいえば、何となくは覚えている。でも、たとえば女性の場合だと化粧と服装が違うともう誰か分からない。大勢いる場であれば、挨拶する度に誰かが名前を言うのを聞いて思い出すが、短期記憶なのですぐに忘れてしまう。互いに実害はないから良いが、多少の反省は毎回ある。