読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:研究室へ、大晦日、年越おでん会

ラーメン 京都

12月31日 土曜日 晴れ

 午前中、教授のサインが必要なものがあり研究室へ。四日より授業なので、今日も明日も教授は出勤しているとのこと。確かに大学や高3生の先生には、あまり年末年始の休みは関係ないのかもしれない。あと、ついでに研究室プリンタが動かないとのことで見てくれないかとのこと。

 研究室では印刷できないので、出かけに印刷しようとしたらノートPCがなぜか起動せず。結局、修復をかけるハメに...。メインPCでプリンタを接続するもこちらもインストールが途中で止まる...。何なんや...。40分遅れて学校へいくと休みなので施錠されている。普段使わないので、電子キーの番号がわからない...。oh...

 一度帰宅するか迷ったが、研究室の有能先輩君を思い出し、彼に電話。事なきを得た。こういうときのためにも職場の人間関係を保つのが必要だとつくづく思った。コミュ力弱者、死にかけである。

 無事に教授に会い、研究室PCとプリンタをつなぎ直して外にでる。予想外のことが多く疲れたし、腹も減ったのでラーメンでも行くかと思い、先ほどの有能先輩氏に再び電話。近所のラーメン屋を四件回ったが全部閉まっていた。地元チェーンで食べた。美味しかった。

 その後、マクドにて一時間半ほど思想研究の手法問題についてアレコレと。楽しいし勉強になるが書かねばならない。3時半に帰宅。今日が大晦日であることを今年ほど感じない日も珍しいが、世間さまは止まっている感じがある。京都は学生の街である。従って、外から来た多くの学生が年末は帰省していなくなる。留学生たちがいつもより目立つように思った。

 部屋を片付け、ネット仲間と年越おでん会をすることになっていたので、それまで少しだけ勉強。あまり進まなかったが良い一文を思いついたので良かった。問題連関を適切に表現する一文に出会うのは気持ちの良いことだ。

 夜8時、年始所感を途中まで書いて最寄駅まで歩いてネット仲間、そして宿直バイトで帰省しない先の有能先輩氏を加えてのおでん会。近所のスーパーが夜8時で閉まるのは誤算だったが、サークルKで残り少なかったおでんを「あ、全部ください」といえたのはちょっと楽しかった。

 食べながら、ネットで子供の頃から好きなたけしの超常現象SPをみる。年々おもしろくなくなっている感じがある。もっと韮澤さんと大槻教授にしゃべってほしいんだけどなぁ。でもカッパの映像の元ネタを知れたのは大満足。プロすげえ。

 おでんをつつきながら、だらだらと話して無事に年越し夜一時。2017年と相成った。宗教改革から500年まで、あと10か月か。2017年という時間帯を考えたことはなかった。とりあえず修論を書かねばならない。