読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:提出期限、学食、寝た

1月6日 金曜日  晴れ

 昼まで寝ようと思っていたが気がせいて目がさめた。10時半、寝不足だが早く終わらせよう。今回、論文を書くにあたり、棒読みちゃんに無茶苦茶助けられた。自分の文章を考えながらひたすら読んでいるとゲシュタルト崩壊するし、そもそも4万字を音読チェックするのは声も枯れてしまう。なので、棒読みちゃんに読んでもらっていた。

 12時前に読み始めて、13時半頃に読了。棒読みちゃん、ありがとう。シャワーを浴びて印刷して研究室へ。14時15分頃に出発。歩いていっても良いと思ったが、早く終わらせたいので原付でいった。

 研究室には同級生や卒論提出の学部生が穴あけ機を使い製本作業をしていた。みな無事に終わったようである。事務に提出するのと諮問委員会に提出するものもコピーして、まず指導教官のところへ。コピーを手渡した。「今から出すんですね?」「はい」「ご苦労さまでした」エレベーターで1階まで下りて事務に提出。

 なんというかあっけなく終わった。出したところで振り返ると同級生JD氏がいた。マスクをしていて顔が赤い。風邪でもひいたんだろうか、可哀そうである。「全部で4部ですよね?」と訊かれ「あ、はい、たぶん」と答えた。

 外に出ると急に腹がへったので、とりあえず地下食堂へ。かき揚げうどん、白身魚のフライを食べた。いま思うと書き上げたわけか。相変わらず、お茶のボタンを押しても水が出る給水器から水を二杯くんで座って食べた。

 食べると急に眠くなってきた。あぁ、終ったのだ。

 帰宅後、昨日届いたコミケ新刊の箱を開けるも眠くて4時半から7時まで寝た。その後、疲れているのもあり、だらだらとhuluでノストラダムス・エフェクトという番組をみた。

 夕食は報道関係者との新年会で三条界隈へ。居酒屋、珈琲屋、バーと廻って2時に出て、2時半に寝た。久しぶりに会った老舗バーのマスターに「一回り太ったんちゃうか?痩せや」と言われた。そうでなくても太っているのに太ったと言われたので、明日から節制生活だな。