読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:バイト、バイト、バイト

2月8日 水曜日 雨

 昼前、バイト先2からメール。内容が意味不明である。連日外出で疲れているが、二時半に再び月曜に会った人と面会。30分もかからず終わると思ったが、予想以上に長くなり5時くらいになった...(白目) 疲れた。が、研究室でやらねばならぬことがあり、作業。約一時間ほどで終わったので、夕方6時だけど昼飯を食おうかと思ったら、バイト先2より電話あり。いや、謝らなくていいから、自分でやってほしい。頭おかc。

 疲れ果てて終わり、19時半。昼飯≒晩飯を学食で隣研究室氏と食べて9時半に帰宅。続けて、少しバイト先2のための調整。その後、バイト先1の上司と今後の打ち合わせなど。本当に疲れた。

 帰宅後、会った人のことばを考える。「欧州の人が、トランプはヒトラーにそっくりだと言ってる、アメリカ人は経験ないから気付かないんだ。」たしかにそうかもしれない。でもヒトラーの顛末を経験するには1923年時点で10歳前後、生きてれば105歳くらいだし、1933年生でも95歳。社会的記憶ってあるんかな。欧州性みたいなことを考えるに、アメリカ、カナダ、インド、アフリカ諸国の比較ってのは必要なんじゃないかと、ぼんやりと思った。探せば比較文化論とかであるのだろうか。日付が変わるまで、金にならない仕事をよく頑張った一日である...。