読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:布教師、プロジェクタ逝く、外見至上主義

f:id:timelost:20170309010917j:plain

3月8日 水曜日 晴れ

 午前中。原稿の表現が過激だったらしく修正をくらった。まあ、うん、しかたないっすね。なぜだか思い出せないが、BLや百合が好きだってのは、自分は介在しないホモソーシャルな世界だからこその純粋さと安全性、さらに二次元であるがゆえの距離というところが、娯楽として優れてるんじゃないかと思った。さらに無関係だが、ふと思い出して疎遠な知人のブログを見に行ったら、念願かなってCDを一枚出したらしい。そして、それで踏ん切りがついて音楽を辞めたようだ。十数年ぶりにCD屋にいって買ってもいいかな。その後はどうするのだろう。

 午後だらだらと土曜日の研究発表、また月末の学会に向けての内容作成。めんどくさすぎる…。作業をしていたら、ピンポーンとなる。頼んでいたマンガが届いたかとドアを開けると、天理教の布教師を名乗る茶髪男性30代くらい?だった。「何かお困りのことはないですか?」突然過ぎて「えっ、いや、別に...」と困ってしまい、差し出されたチラシを受け取ってしまった。不意打ちは勘弁。にしても、もし「実は借金を一億円抱えているが、借り換え用の50万円の保証人がいない」って言ったらどうなるんだろう。何か困っていることあるか、と言われたら、今後の生活の不安、老後のための資金など色々あるのだが、そういうのは肩代わりして頂けるのだろうか。とりあえず一億キャッシュで用意してくれるなら、ほぼ躊躇なく改宗不可避なのだが。

  作業をしているとすぐに飽きるので、ventra ventra space people!とか映画「黒執事」を見に行きたい人生だったとか浮かんでくる。夜になり、今日、一歩も外に出ていないことに気付いた。oh... 。

 そういえば明日は、ゴミの日だと思いまとめようと思ったら指定ゴミ袋がなかった。さらに財布をみると1円も入っていない。カードで買うかとコンビニへ行くと、非課税商品なのでカード使えませんと言われた。結局200円の買い物をするために、215円の手数料を払って金を降ろしてゴミ袋を買うこんな世の中じゃポイズン。

 深夜、アニメでも見て寝るかと思ったら、プロジェクタが唸るだけ唸って画面が映らない。ん?と思って検索するとランプ交換時のようである。うわぁ、まじかよ。検索していたら、購入の日付も分かった。2012年3月8日だそうな。なんと、ぴったり5年前か。たしか3万円くらいで買った事務用プロジェクタである。

 あの頃から5年か。屋根裏暮らしの米国、その後も屋根の下ではあったが隙間風ふく二階暮らしの頃に、このプロジェクタを買ったのだ。帰国後、ずっと僕を支えてくれたやつだけに、ちょっと泣きそうになり、視界が滲んだ。平均寿命を鑑みれば、自分の人生も半分は過ぎてしまった。なれば、今後は一つずつ、人や物と別れていく日々となるのだ。5年前、10年前をふと思う。そして5年後、10年後を考えた。予想外に自分が物神的で驚いているが、このまま捨て置くわけにいかない。頼む。汎用ランプを買って試すから甦ってくれ。

 僕は人間や動物の伴侶のいない可哀そうなキモくて金のない汚いおっさんだ。せめて、安プロジェクターくらい、その供でいてくれても良いだろう。性能の良い新品を買うよりも、並行輸入品の汎用ランプのほうが安いので、とりあえずポチってみた。

 「外見至上主義」という漫画を、寝るまで一気に全部読んでしまった。ありがちな話ではあるが、絵柄と話が合致していて、ところどころ声を出して笑って読んだ。続きが楽しみ。