読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:田辺くん、贅沢に食った一日、経験談

f:id:timelost:20170419162447j:plain

f:id:timelost:20170419162458j:plain

4月13日 木曜日 晴れ

 昨晩みた「終末何してますか、忙しいですか(ry」は割と予想通りの展開だったが、果たしてどうなるか。朝、パン買った。昼飯はラーメンにてたくさん食べた。禁断の喜びである。15時まで学内にて手続きなど。相変わらず無駄が多い。何なのか...。田邊元の読書会をやると聞き、ちょっと興味あるが、毎週2時間出るのはツライ印象。どうしようかなと思いつつ、とりあえず顔だけ出してみた。17時半くらいまで、うろうろと隣の研究室にて友人たちと雑談。

 その後、帰宅後、バイトを少し。夜は、刺身を食べにいった後、奇人変人を従えるという隣室D3氏と宿泊する友人作家と話した。京都学派について、京都にいるし、ちょっと読まなくてはと思っている。いま読まなければ、一生読まないだろうし。以下の文章は隣室D3くんより勧められたのでメモ。

「西田先生のことども」三木清 
 大正六年四月、西田幾多郎博士は、東京に来られて、哲学会の公開講演会で『種々の世界』という題で、話をされた。私は一高の生徒としてその講演を聴きに行った。このとき初めて私は西田先生の謦咳に接したのである。

三木清 西田先生のことども