読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:古本、長城、職質された


4月19日 水曜日 たぶん晴れ

 やっと何もない日である。とはいえ、今晩、お坊さんが泊まりにくるので少し片付けねばならない。頼んでいた古本がやっと届いたが、開けた途端、ぱらぱらと崩れ始めた。まじかよ。ちょっと笑ってしまった。これ、日焼けじゃなくて、物理的に火事にでも会ったんじゃないだろうか。なんともはや。千円は安いがどうなんだろう。

 夕方、坊さんと三条にて待ち合わせ。外に出ると眩しい。本日、最初に浴びた光が夕焼である。回転寿司に行って、ドトールで珈琲を飲んだ。そこで自転車の鍵を落としたことに気づき、一通り歩いて回ったが見つからず。無念。ちょっと気に入ってたのに...。

 夜、映画「グレートウォール」をみた。物語は至極単純なので、映像を楽しむ内容だった。楽しい。見て良かった。キングコング的な楽しさである。宿泊の御礼ってことで映画代はおごり。でも謎クーポンが使えたので、通常より安く3D映像を見れた。映像はきれいで迫力あったし良かった。にしても、いまの中国の影響力を実感せざるを得ない映画だった。米露ではなく、中国とその他の時代が来つつあるのだ。

 帰り道、自転車をどうしようかと思ったが、引きずって帰ることにした。10時にしまる自転車を見つけ、聞いてみたら「今すぐやりますよ」とのこと。大きなペンチ?でガチャンと一発、鍵は解除。新しい鍵に付け替えてくれて、約5分かからず1,300円。うおお、まじか。神ってる。ありがとう、自転車屋さん。

 で、自転車に乗って、無灯火で坊さんのキャリーバックを前カゴに入れていたら警察に職質された。若い婦警で、どうやら僕の住所が担当区域らしい。自転車をひっぱっていたら職質されるやもと思っていたが、紛失した鍵問題を解決しても職質。おっさんは歩くだけで事案発生である。

 色々と面倒なので、鍵を失くしたこと、すぐそこの自転車屋で直してもらったこと、さらに自転車屋は元同居人のものであり云々と全部まくし立てた。結果、問題ないようで「ライトつけてくださいね」と解放。同行の坊さんには悪いことをした。

 帰宅後、枝豆たべてノンアルのんで雑談。ホーガン「巨人たちの星」のクライマックスを途中まで読んだ。