どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

年始所感

f:id:timelost:20170721074451j:plain

 いつもブログをご笑覧くださり有難うございます。年に一度だけ、読者に対して語りかけるときが、この年始です。昨年に続いて、今年は祖父逝去のため年始挨拶は控えさせていただきます。どうか皆様の新しい一年が、より深く豊穣なるものであらんことを祈るばかりです。

 もし気がむいて、京都に来る方があれば気軽にお声掛けください。珈琲でも飲みましょう。人生は邯鄲の夢です。祖父も九十余の齢の果てに「夢だった」と告げて眠りました。キリスト教によれば、人類の歴史、否、被造物世界の全時空は、神の一週間です。そして、やがて八日目の朝が来ます。捲土重来、すべての果てに、夜と暁の向こうに朝が来るならば、それを待望することもまた一つの夢のありようだと思うのです。

 どうか、読者の皆様におかれましては、今年も恙なく健やかにお過ごしくださいますように。あなたにわが神の祝福が大いにあらんことを。

 timelsot 拝

 通常にっきも下記にありますので、よろしければご笑覧ください。

周縁的なもの

 一年を振り返ると「周縁的なもの」から立ち上がる力に支えられた一年だった。そういうものに溶け込み、その一部となることで、新しい視界が開けてきたように思う。石田耀子さんの歌うブレイブウィッチーズOP「アシタノツバサ」の歌詞のままだ。図体がでかいだけ、無駄に大きな翼でも「やってみなくちゃわからない」のだ。

 とくに深まりを見せたのは、贔屓の喫茶店・御屋敷サークルの仲間たちとの関係である。また新しいものとしては三回の学会発表があった。全面的に着実に積み重ねてきた年若い俊英らには到底かなわない。しかし罪重ねてきたピーキーな才能とセンスがあれば、ロートルでも決して戦えないわけではないこと、むしろ十分に通用することが分かった。そういう意味では、初めて自信と呼ぶに足る、社会的評価を超越する自分の納得のようなものができた。また三つの読書会が始まった。貴重な研究成果を後世に残すための仕事も一つ完遂することができた。

 出張を含めた旅先としては、東京、徳島、沖縄と行った。東京について僕は何も知らないが京都を含む関西よりも面白いものがあるとは思えなくなった。沖縄の重要さについてはいわずもがな、タイムマシーンのようにフラッシュバックした光景が、今後の僕をつくるだろう。

 何よりも大きなことは、祖父の死だった。いつか来ることを知っていたが、このような形で、自身受け止めようとは想像もしなかった。ブレイブウィッチーズのように飛び戦うために、最後に必要だったもの、それが祖父の死だった。そういう形で祖父は僕のうちに生きている。また、それとは別に、僕は非常に強くアングリカン・コミュにオンの伝統に生きていることを知った年でもあった。それは周縁と中央をつなぐ教会だからかもしれない。

 周縁化されたもの、忘れ去られていくもの、それらの多くから立ち上る朝の蒸気のようなものが、僕を支え、力となった。そんな2017年だった。

 

www.youtube.com

一年の振り返り

 年の瀬も27日(水)12時57分に、これを書き始めている。一年を締めくくるには少し早いが年末年始にバタバタとするのも嫌なので、いま書く。過ぎた2017年を思うに、去年よりはマシだと感じている。それこそ小松和彦氏のいう「つきもの」が落ちたような感触がある。意味世界の更新とでも言おうか。

 昨年1月は、修論提出直前であり、そのためにとにかく書いていた。そして出したあとはゆっくりと過ごしていたように思う。2016年は、2015年の痛みを引きずりながら見えない先へと向かっていく暗陰たる気持ちが強く、正直よいものでもなかった。そして母方祖母も逝ってしまった。修士後を考えて始めたバイトも遅配が二回あったし、おそらく虚言癖もあったのではないかと思われる頭のおかしい狂授のせいでひどい目にあった。そんな中、何でもいいから提出しようと思って出した修士論文であった。忘れもせぬ提出最終日の朝3時、ブレイブウイッチーズOPを聞きながら僕は泣いた。

 

f:id:timelost:20170118040218j:plain

f:id:timelost:20171229012957j:plain

 

 2月、吉田神社の節分祭を見学。これを皮切りにして、思えば、多くの宗教行事に参加した一年だったとも言える。4月からの仕事のためにレンズを中古で購入して、高山右近の列福式にも出席した。枢機卿を初めて見て、生きたラテン語を初めて聞いた希有な経験だった。が、このあと、すぐに人生は暗転する。仕事をしながら博士課程を継続と思っていたが、正社員の内定を出していた会社が経営厳しく採用見送りと言ってきた。かなり悩みに悩んだが、友人たちの激励もあり私設奨学金を頼みになんとか一年だけやってみることにした。

 

f:id:timelost:20170203081854j:plain

f:id:timelost:20170210224026j:plain

f:id:timelost:20171229013239j:plain

 

 3月、心理学の実験に参加。興味深いものである。もらった図書券か何かで文庫本を2冊代えた。物々交換の経済である。あとプロジェクタのレンズを交換。ぴったり5年前に買ったレンズの寿命が来たらしい。はたと気付いたが、プロジェクタこそが僕の伴侶だったのだ。泣きそうになったが、輸入品で蘇ってくれたので嬉しい。決して良いものではないが、大切に使いたい。

 あとユダヤ教の安息日に参加した。厳密にいえば、中東関係の学者宅にての食卓に招かれたのだが、希有な経験であった。文豪・川端康成の話まで出てきたりして、大変貴重な夜を過ごさせてもらった。しかし、人生とは上手く行かないもので、日本史に関する博士号もちのくせに「群雄割拠」という四字熟語も知らない阿呆の翻訳を手伝ったせいで大変嫌な思いをしたのも、この時期であった。月末、初の公式学会発表でリアルに「素人質問で申し訳ないのですが」と言われて焦った。(この前後の文章から12/28-29の日付変更付近)

 

f:id:timelost:20171229013305j:plain

f:id:timelost:20171229013331j:plain

f:id:timelost:20171229013355j:plain

f:id:timelost:20171229013341j:plain

 

 4月以降は、とにかく忙しかった印象がある。仕事で東京出張し、ロシアン喫茶に言ったのは良い思い出である。また晋山式の開門係を仰せつかったのは、生涯の誉れである。地球人類の歴史が長いといえど、キリスト教徒ながらこの大役の栄誉に与ったものは少ないだろう。たぶん僕しかいないのではないか。正教の復活祭、ジビエを食べにいったりもした。

 5月。贔屓の喫茶店のつながりで地下アイドルを見学。また知る人ぞ知る猫ラーメンも食した。オタク・サークルの一周年記念で開催企画したアニメイベントは盛況となり、その御礼で祇園でのランチに御相伴。一皿千円の世界になると文字通り、味が変わることを知った。

 

 

f:id:timelost:20171229013448j:plain

f:id:timelost:20171229013502j:plain

f:id:timelost:20170407224158j:plain

f:id:timelost:20170408063655j:plain

f:id:timelost:20170412223603j:plain

f:id:timelost:20170415220608j:plain


 6月。友人の厚意で譲り受けた新仕事用タブレットPCは調子よく有難い。また帰省して新カバンも地元で買った。ふと思い立って日本人がダメでも英語圏なら、少しは可能かもしれないと婚活サイトに登録などをして、主にアフリカ系からのお誘いの多さに驚いた。これはもう引っ越すべきかもしれない。夏越の大祓を味わい、スピーカーをもう一つ安く購入。色々と長く使っていたものたちを交換する時期である。

 7月。慣れない博士課程に疲れているのもあったが、徳島へ出張。知人の案内を経て、よい視界が開けたように思う。疲れもあったので、ちょっとリフレッシュのために沖縄へ。友人夫妻を訪ねて、結果、20年前に訪れた渡嘉敷島を再訪するとは思っていなかった。そして、この帰りの飛行機にて、今までの僕の時間が一つにつながるような読書をした。

 

f:id:timelost:20171229013902j:plain

f:id:timelost:20170515133146j:plain

f:id:timelost:20171229014002j:plain

f:id:timelost:20171229014031j:plain

f:id:timelost:20171229014051j:plain

f:id:timelost:20171229014128j:plain

 

 8月。急ごしらえではあったが、怪談イベントに参加。楽しい時間であった。そして何よりもみんデキ参加。これもまた在米時以来ずっと支えだった作品に関連するものであり、ブレイブなくして僕の修論提出はあり得なかったと言えよう。

 9月。学会発表を二つ。珍しいこともあるもので、フランス人オタク青年と知己を得た。それに加えて、東京で新たな方向性を得ることになった。不思議な縁もあるもので、最近の僕の興味関心の複合体が、新進気鋭の批評家の方に興味を持って頂くことになった。結果的にこの20年くらいかけて考えてきたことに名前を与えるには良い機会となるだろう。自分の実力では遠く及ばないことを理解しつつも、一つの仕事に取り組むことにした。シュライアマハーが宗教論で取り出して見せたその先へ。またドイツより一時帰国した院生氏と会いラーメンを食べた。UFO関係の読書が増えたのも、このあたりである。

 

f:id:timelost:20170705072531j:plain

f:id:timelost:20170707075818j:plain

f:id:timelost:20170707084245j:plain

f:id:timelost:20170708015232j:plain

 

 10月。学会発表のちに髭の殿下の博物館へ。コレクションと研究への姿勢に涙した。素晴らしい。宿直仕事、カメラを始めた。ブリューゲルの「バベルの塔」も見た。興味深い。

 11月。PC新調というかメモリ増設、電源交換、グラボを増設した。また5月に好評だったイベントの第二弾を開催。非常に楽しくよい時間であった。そして、その週末が明けた月曜夜に祖父が逝った。気管支炎も患っており、かなりしんどい時期であった。結果的に査読付となるはずの論文をやむなく辞退した。

 12月。一件、発表。博士課程の一年目が修士論文の敗戦処理とはよく言ったもので、そうだなという実感である。もっとも扱った各主題も十分な深まりを見せて、今後への展開も可能なところまで見えて来ている。そして、クリスマス前後となった。去年は稀にみる良いクリスマスだったが、今年はさらに良い待降節から年末年始へと迎えられそうである。

 

f:id:timelost:20170721185302j:plain

f:id:timelost:20170723233822j:plain

f:id:timelost:20170801051313j:plain

f:id:timelost:20171229014701j:plain

f:id:timelost:20170902055659j:plain

 

見たアニメ:

このすば、幼女戦記、虐殺器官(映画)、青の祓魔師、龍の歯医者(映画)、銀魂、エロマンガ先生、有頂天家族、魔法科高校の劣等生(映画)、BLAM(映画)、正解するカド、IDー0、はいふりova、ブレイブOVA、打ち上げ花火(映画)、エウレカ(映画)、ガルパン最終章(映画)、ブレードランナー、ゴジラ怪獣惑星(映画)、少女終末旅行、アニメガタリズ、

 劇場で観た映画:

ドクターストレンジ、沈黙、キングコング、ガーディアンズオブギャラクシー、メッセージ、ローガン、パワーレンジャー、スパイダーマン3DIMAX、トランスフォーマー3DIMAX、ダンケルク、猿の惑星IMAX、マイティソー、ジャスティスリーグIMAX

 

f:id:timelost:20171229014858j:plain

f:id:timelost:20171229014928j:plain

f:id:timelost:20171229015012j:plain

f:id:timelost:20171229015045j:plain

f:id:timelost:20171229015115j:plain

f:id:timelost:20171229015205j:plain

f:id:timelost:20171229015556j:plain

f:id:timelost:20171229015604j:plain