読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:安息日の夜、物語、君看双眼色

京都 宗教・歴史 諸探訪

f:id:timelost:20170324023503j:plain

3月17日 金曜日 くもり

 8時前に起きたが眠い。二度寝後、ビン・缶ゴミを出して、そのままパンを買った。カレー粉をふったパンとバジルなんとかを買った。300円。贅沢な朝食である。

 午前中はブログ更新。午後、翻訳バイト。終わらん...。夕方、ユダヤ教の安息日を祝いに出発。途中、電車に乗りながらでもバイトをやろうとしたが西日もきつく場所もなく無理だった。無念。腹が減ったので、再びパンを買って食べた。一時間早めについたので、サンマルクに入り続き。翻訳の準備作業として日本語と英語を一文ずつ交互に配置。それだけで一時間かかった。が、これで効率が上がる。

 夕方が夕闇になる頃、先生の車で迎えに来て頂き、級友たちと雰囲気体験へ出発。エレブは「入る」だから、闇と光の混ざる夕闇時、ちょうど、この時間帯なんだとか。安息日「時間」の開始管理は自宅にいる女性の仕事らしく、ロウソクを灯した瞬間から「神のとき」が始まる。旦那衆は会堂へ子どもたちへ行き、奥さんは家で備える。そして家族や人々が集まって、安息日の歌を唱えて火を灯すそうな。

 葡萄酒をつぎ安息日の祈りを唱え、家長がパンを裂き塩を振って無言で皆に配り、無言で食べる。家長が手を洗い終わり着席し、食事の開始が歓びと共に告げられる。読書会の最後にふさわしい夜である。

 食卓では、級友たちの知られざる顔を伺った。とくに一人は、ドイツ、イタリア、オーストリアの修道院に数年間滞在し、祈りと研究に励んでいたが、今は帰国し医療福祉で働いているとのこと。すごい来歴だと思った。人に物語あり、という話であるが、さらに人には物語があることを知ることになった。

 先生の奥さんのご母堂、いわゆるお祖母ちゃんであるが、なんと川端康成のもとで気に入られて働いていたことがあるとのこと。当時の勤め人の七倍の給与をもらっていたにも関わらず、信仰を深めるために東京を離れた。その際、川端より芥川が駆け落ちの際に詠んだ「君看双眼色、不語似無憂(きみみよそうがんのいろ、かたらざればうれいなきににたり)」の句を送ってもらった。「よほど好きな人がいるのだろう、行きなさい、お元気で」という見送りのことばである。その後、結婚したお祖母ちゃん、葉書一枚で報告をしたら、巻物で返書があったとのこと。筆不精の川端には珍しいことであったようだ。

 ユダヤ教の安息日の祝いは、二人の人の物語を添えて、様々に楽しく思う夕があり朝があった。見よ、それは非常に良かった。

f:id:timelost:20170324023528j:plain

f:id:timelost:20170324023552j:plain

f:id:timelost:20170317091447j:plain

にっき:疲れ、三度寝、打ち合わせ

3月16日 木曜日 くもり

 今日中に翻訳バイトを終わらせるつもりだったが、全く進まなかった。あとで気付いたが、ここ二週ほど、木曜日に休んでいたので、そういうリズムになっていた。原稿の提出やら何やらあるのだが、夕方までだらりと過ごした。電気カーペットを出力最大にして寝転んだら、あまりに心地よく三度寝して夜7時半に起きた(白目)

 夜、3月中に出す原稿の予定確認、4月と5月に企画するイベントの打ち合わせなど。相対的貧困についてモヤモヤと考えたが、あまり意味ないなと思った。苦労しておられる方に対して、何もできないし何もいえない。

にっき:引越の手伝い、狐の嫁入り、三人で飲む

宗教・歴史 京都

f:id:timelost:20170317123503j:plain

3月15日 水曜日 晴れ

 午前中、少々バイトをしたのち、1時に出発。大阪と京都の間らへんに友人が赴任してくるので引越の手伝いである。昨晩遅くに到着し、今日荷物を搬入。明日、一度東京に戻って、日曜日に嫁さんと子供二人が来るそうな。市名だけ聞いていたので、すぐに到着かと思いきや、甘かった。遠い…(白目) 二回乗り換えて、さらにバスである。折しも寒の戻り?なのか風が強く寒い。

 これ、かなり不便な場所じゃね?と思いつつ、まあ家族連れだと違うのかもしれない。元々、大阪と京都で働く人々のために開発された新興住宅地である。が、それもあと20年すれば過疎化の問題に直面するのだと思うが、しかし。やっとの思いで到着したら、虹がかかっている。晴れているのに雨が降っているし、変な天気である。友人いわく「こっちって天気雨多いのかな?」いや、んなことはないと思うで。

 男手が必要な組み立てやら何やらをやって、陽が落ちる前にバスに乗って駅へ。友人の坊さんが市内在住で出てきてくれるというので一緒に食事。赴任のために越してきた友人は牧師である。なので、期せずして牧師と坊主と僕の三人で食べることになった。もっとも誰も飲まなかったので、全員オールフリーを頼んだ。やたら安い居酒屋で、店員が「せぇの!」との掛け声で挨拶をすることが印象的だった。

 当然、キリスト教と仏教(浄土真宗)の話になり、その他界観、共同体形成の仕方の違いなどに話が及んだ。楽しい時間である。家についたら10時半。疲れている。寝る前、J.P.ホーガン「巨人たちの星」を続けて読んでいる。SF楽しい。

f:id:timelost:20170317123817j:plain

f:id:timelost:20170317123830j:plain