どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:今週末、村おこし的な、光明会という影?

12月7日 木曜日 晴れ

 朝10時前、ニュースをみながら京都の冬では上ルと気温が下がるかという実験と調査をしている話を読む。確かにあるだろうな。計算が得意なフレンズたちによれば、たとえば京都タワー頂上よりも、北白川あたり、つまり今出川から北大路あたりの地面のほうが高い。海抜差である。他には、kiroroが再始動するとか暗黒物質は存在しないとか。kiroroについてはレッスンをもう一度受けたというのは、プロすげえなと思った。

 14時くらいまでだらだらと仕事を一件片付けた。

 給与振込みあり。が、計算すると金がない。なぜないのかと思ったら、祖父の葬儀に行く際にスーツと一緒に冬服を買ったからだ。あと調子にのって欲しかった資料を買いすぎた。飼料か私領ならば使い道があるが、このままだと逝く先が死霊である。とまれ人間はすべからく死すべきものである。

 今日明日と、やっと何もないし、たまたま流れてきた友人僧侶が近所の大学に呼ばれて講演するとかで冷やかしにいった。30人くらいは来ていただろうか。寺を中心にした地域活性化という主題である。重要なことは、住職が主権を握るわけではなくて、何かをやりたい人に可能な限り譲って見守る立場に徹することができるか否か、そこあたりに宗教施設の賑わいのカギがあるんだなと思った。

 日記を書きながら後から思い出したが、村おこし的なものというのは、結局、経済単位として市町村が数えられた結果によるものだ。たんなる生活圏だったものに流通という名の収奪用パイプが接続することで、人は便利になり貧しくなった。高知県と鉄道の関係に似ていよう。余談である。

 どうしようかと思っていたが、友人の厚意でそのまま懇親会へお邪魔した。久しぶりに会った某大教授より、一度読み話したことのある教授の名前が出てきたので、やはり相当に評価のある方だったかと思った。社会学といえば暗愚の言い換えだと言わんばかりの界隈評価があるが、僕は彼の本を読んで、初めて、社会学SUGEEEEと思った。

 京都のド真ん中の居酒屋にて、教授と僧侶4人+αの僕で忘年会の夜はふけていく。忘年会に誘われてみたい人生であるが、会社的人間関係もなければ参加するための費用と服と精神が足りないのでしかたない。あと、某宗派における光明会という組織の話をきいてわくわくした。面白い。8時過ぎ、自転車で帰宅。冬の京都である。

にっき:今朝の夢、CIBA会議、やっと休み

f:id:timelost:20171207131236j:plain

12月6日 水曜日 晴れ

 7時半に一度起きたが9時半まで寝た。疲れている。今朝、なぜか米国在住の友人家族が近所の大きな家に引っ越してきて、仮の荷物を置いたら、別でこの家を借りる云々という家族が現れた。その夫妻は新婚で旦那はYJ文庫?の編集で熊のような体躯、嫁は若いギャルっぽかった。ちょっと古いが大きな家で、しかも僕の友人家族が先に抑えているように見えたので、そのギャル嫁が旦那氏に「楽な生活できるっていうから、結婚を決断したのにぃ」と詰めており、それを熊のような旦那がなんだかんだと仕事での自信を覗かせて宥めている。その後、透明な生物の進化は止まらず、軍が出動して…(略

 変な夢だった。少女終末紀行をみたからだろうか。12時、腹も減ったので朝食兼用で学食へ。ひたすら読書会に向けて読む。生命・医療倫理についてのくだりで、おもしろい記述。1962年ロンドンでのCIBA会議、72年バーゼルでのホフマン会議「人類の優生学的な未来」基本理念、以下は抜粋である。

自然淘汰は人類の未来を脅かす…文明的な諸国民において人類の遺伝的素質が悪化する…人口受精による人口的選抜へと移行しなければならない…遺伝病を排除するため…健康と知性と才能を促進するためである。

 なかなか香ばしい。やばい。にしてもドイツ人というのは、なぜ、こうなってしまうのか。国民性というのは、規定できないにせよ、何かあるものである。読書会後、学食によって食べて帰宅。 

 映画にいこうと思っていたが、やっと休みなので、聖剣伝説2をやった。楽しい。

f:id:timelost:20171207131436j:plain

にっき:発表、質問できない人、寝落ち

12月5日 火曜日 くもり

 工事終わったかと思いきや、やはり工事中である。いつまで続くのだろうか。午前中、パンを買って食べながら、論文の最終校正。今回はわりときちんとした考察になっているように思うが果たして。

 ブログ更新後、洗濯したのち学内へ。遅れてしまった。

 発表終了。教授、同一分野の助教からは良い質問と指摘を頂いた。が、修士で入ってきた退職後のオッサンがとにかく頓珍漢な質問とコメントばかりで話にならず、本当に疲れた。なんというかクソリパーを目の前にするのは辛い。とりあえず日本語勉強してから発言してほしい。なお、このオッサンは日本人である。どっかでかい会社の営業職か何かだったらしいが、字は読めても文章が読めていない。話にならない。学会でもそうだが、質問できない、理解できないならば黙っておくのが一番である。研究のための時間としてはあまりに粗雑で悲惨な人物と相対したため、ちょっと頭痛になった。

 ジャスティスリーグを見に行きたいと思っていたが、あきらめて帰宅。学会帰りの隣室D3氏を誘いラーメン食べて、少女終末紀行をみた。二話目を見る段階で寝落ち。OPがいい。疲れている。

www.youtube.com