どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

古書市、波上宮、運転疲れ

f:id:timelost:20190213110503j:plain

f:id:timelost:20190213110523j:plain

2月10日 日曜日 雨のち晴れ時々曇り

 一時半に寝て、7時半頃に起床。教会へいこうと思ったが、友人が参加するというペンテコステ派カリスマ美容牧師のところへはとても行く気にならず、かといって車は一台しかないので、一人祈り、友人の観光案内とすることにした。

 久しぶりに座喜味城址へ。何度来ても景色がいい。そして中国人観光客が多くて驚く。とくに沖縄についてはそうだが、中国文化の色濃い土地であるので、わざわざ遺跡を見に来ても仕方ないのではないかと思ってしまう。オリジナルはあちらだろう。

 その後、読谷村の博物館に初めて入り、驚愕。年間3000億円の振興予算の多くが北部の教育予算へと充てられると聞いたことがあるが、これがその結果なのかもしれない。充実した展示であり、ひとしきり回れば、読谷村の様々な側面を見ることができる。惜しいのは、集客できていないことだろうか。もっとも日本最大の村、沖縄の村とはいえ「村史」に過ぎないのであれば、それも致し方ないのかもしれない。

 葬儀につかう御輿が良かった。研究分野として、近現代の生活史は重要である。レプリカ亀甲墓の中に入れるものもよかった。洗骨の習慣も広く南洋にみられるものであるが、沖縄のそれとの差異はどれくらいあるのか。興味深い。

 昼食として、ぜんざいと沖縄そばを食す。友人が春季キャンプに来ている球団を観に行きたいということで、宜野湾まで下道で。その後、ぼくは迷っていたが、那覇ジュンク堂の古本市へ向かい、おもしろい本を数冊みつけた。いずれも資料である。

 そこで新たな友人と合流し、また野球観戦を終えた友人も来て、いざ波上宮へ。昨年出した原稿にて引用・紹介した怪談の現場である。興味深い場所だった。空港から出るときにも見えるのだが都市のド真ん中である。ここに国籍を問わぬ戦死者が表れるならば、それは悲しくも文学的で美しい。

 ひとしきり見て満足したので教会にいった友人を拾い、夕食は、恩納そばへ。600円くらいで沖縄そばを出す昔ながらの食堂である。が、有名店でもある。食べ足りないという人もいたので、名護まで走りA&Wへ。

 運転疲れもあり11時半には横になり寝た。

f:id:timelost:20190213110613j:plain

f:id:timelost:20190213110551j:plain

f:id:timelost:20190215124336j:plain

f:id:timelost:20190215124212j:plain

f:id:timelost:20190215122439j:plain

f:id:timelost:20190215123050j:plain

f:id:timelost:20190215122722j:plain

f:id:timelost:20190215122655j:plain

f:id:timelost:20190215123335j:plain

f:id:timelost:20190215122757j:plain

f:id:timelost:20190213110651j:plain

f:id:timelost:20190213110630j:plain

海岸べりの店、イカ墨おにぎり、友人来る

f:id:timelost:20190211130653j:plain

2月9日 土曜日 雨のち強風

 8時ごろ起床。英語で一件返信。面倒である。オンラインにて家賃振り込み&読書。昼食がてら、雨の中、海岸沿いのラーメン屋へ。ここは昔パンケーキの店だったように思うが、なくなってしまったようだ。ラーメンのほうが客は来るかもしれない。

 読書&昼寝を繰り返しながら、幕末から日本近代へのかたち、明六社の役割などについて考えた。

 夜、友人を迎えにいく前に、道の駅恩納に立ち寄り、イカ墨おにぎり、沖縄ドッグを食べる。うまい。

 無事に、最寄I.C.に到着した友人を出迎えて、とりあえず蕎麦屋にいったが閉まっていたので、通りがかりにあった琉球亭へ。風がひどく強い。

 一件、ぼくの書いた原稿が出ていたが、未修整をみつけたので、直して1時前には寝た。

f:id:timelost:20190211130741j:plain

f:id:timelost:20190211130753j:plain

休む:古書店、スタバ、深夜24h営業

f:id:timelost:20190208173930j:plain

2月8日 金曜日 雨、曇り時々晴れ

 0時過ぎに寝て8時半前に起床。昨晩、やっと仕事を終えたので、今日は何もせずゆっくり休むことにした。目玉焼きを2つ作ってパンと齧った。

 その後、多少の片付けのち、ふと、コザにあるスバル書房なる古書店へ行ってみようと思いつく。

 11時半、ウガンダ君と出発。昨夜と同じ経路でうるまを越えて、コザへ。コザといえば、べ平連関係で文学の舞台となった場所でもあり、あの騒動の現場でもある。音楽でも有名なのだろうか。街並みが、米軍相手に栄えたことを示している。

 13時半まで書店で漁り、沖縄以外では入手できなさそうな本をいくつか拾った。老婦人店主が「取引の95%がネット通販だから、本好きのお客さんはうれしいわ」と珈琲まで出してくださった。有難い。

 帰り道、ニコニコ弁当にて格安野菜炒め弁当を食べる。味噌汁の代わりに沖縄そばがついてくる。ちなみに、コンビニおでんにも「100円そば」オプションがある。地域性が出ていておもしろい。「コーポ21世紀」という看板が印象深い。あと動物園か何かの看板オブジェのお尻。

 ネット接続がほしいと思い、久しぶりにスターバックスへ。地元高校生のいこいの場らしく、学生服とセーラー服の高校生が多かった。隣に座った米国人男女は、女性がダイビングの女性インストラクターで男性が学びに来ている人のようだった。にっきを更新していたら、明日から発売という桜フラペチーノみたいなやつの試飲カップが配られた。美味しかった。

 6時半に帰宅。本日、家主より荷物受け取りを頼まれていたのだが、完全にミス。が、持ってきた人の機転により隣家預かりとなり、事なきを得た。

 夕食に自作沖縄そばをつくってみたが、うまくはいかないものである。夜、友人の願いでA&W名護店へ。地方都市における24h営業店舗というのは、ディストピア感がある。行き場なく持て余した10代の若者たち、ため息をつきながら採点する同世代、独身であろう非常勤講師の女性、駄目な夫に代わって、深夜まで働く中年女性。様々なリアルが伝わってくる。

 回線が弱く、普段使わないデータを使いつくしたので、買い足して一時には寝た。

f:id:timelost:20190211125414j:plain

f:id:timelost:20190211125426j:plain

f:id:timelost:20190211125437j:plain

f:id:timelost:20190211125446j:plain

f:id:timelost:20190211125454j:plain

f:id:timelost:20190211125506j:plain

f:id:timelost:20190211125513j:plain

f:id:timelost:20190211125524j:plain