どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:オラーシャの大地、幻影、生活リズム(白目)

f:id:timelost:20170818005836j:plain

8月15日 火曜日 晴れくもり

 崩した生活リズムを戻せないことによる疲れで、原稿を書いていない。やばい。体調も悪い。とりあえずこの流れを打破&リフレッシュしようと、止めていたブレイブウイッチーズの小説2冊を読了。楽しかった。メディアミックスというのは凄いなぁ。爆笑し、ほろりと泣かされる。とくに「オラーシャの大地」の熱いラスト、あとがきにいらん子小隊を持ってくるのは泣いてしまう。あれもいい作品だった。作家、編集の人々の努力に深い敬意を表したい。ヤマグチノボル先生、本当にありがとうございました。先生が遺された「ゼロの使い魔」は、ついこの間、完結しました。

 作家と編集は水族館に似ている。来館者は意図を勘ぐる以前に「水中が再現されている」と感じて心を奪われてしまう。しかし水槽内部の構造と配置、生体展示は厳密で体系的な理解、意図、計画性なしには達成できない。編集は展示を魅せつつ、作者と読者の距離の透明度を最適化する対圧アクリル板になる。そんなことを思って、結局また朝5時半に寝た。

 午後、起きたあとで多少の仕事を片付けて迷ったが仕事を片付けるために外へでた。取材用の質問、アウトライン、発送を一つ済ませたので悪い一日ではなかったと思いたい。あまりに疲れていて、一度寝て、深夜、小原猛『琉球怪談作家、マジムン・パラダイスをいく』を半分以上読んでしまった。こういう本を読みたかったというズバリそのものの内容であり非常に楽しかった。が、原稿...。

ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる (角川スニーカー文庫)

ストライクウィッチーズ―スオムスいらん子中隊がんばる (角川スニーカー文庫)

  • 作者: ヤマグチノボル,上田梯子,島田フミカネ,Projekt Kagonish
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2006/09/30
  • メディア: 文庫
  • 購入: 6人 クリック: 105回
  • この商品を含むブログ (88件) を見る
 
ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

 
ゼロの使い魔 Memorial BOOK (MF文庫J)

ゼロの使い魔 Memorial BOOK (MF文庫J)

 

にっき:無為な徹夜、好きなもの、Viva La Vida

8月14日 月曜日 くもり

 昨晩、だらだらと起きてしまった。非常に微妙な放送を朝まで聞いてしまい、体力的にも精神的にもダメになってしまった。疲れている。人間、昼過ぎまで寝るのはよくない。原稿を書かねばならぬのに...。

 放送をきいて思ったが素人とプロというか、その差は難しいし色々あると思う。いわゆる研究者のレベルと一般人は接触がないし、関わりがない。だからといって素人目の意見が無意味だというわけではないのだ。僕が「SF好きです!」という場合、ホーガンの巨人シリーズ、ハインライン3冊、テッドチャン、山椒魚戦争、高い城の男とか「有名なの読んでみて本当に楽しかった(小並感)」としかいえない。そういう語りの仕事もあるはずだから他を貶めることは良くないなと自戒。着弾したヴァレ小説を見ながら思った。

 ちびまる子ちゃんの歌が思い出される一日だった。

f:id:timelost:20170818004314j:plain

にっき:回転寿司くった、蔵書管理、緊張

8月13日 日曜日 晴れときどき曇り 涼しい

 朝起きて礼拝へ。存在の次元へ向かう慰めというのは、ああいう語り方だと分かりやすいのかと感心した。腹も減っていたので、近所に回転寿司があったことを思いだして久しぶりに行ってみた。あ^〜旨かったんじゃあ^〜 御屋敷のネギトロ丼喰えなかった(ロコモコ食べた)からうれしい。隣に座った中国人ネキにやたら見られた。どうやら初回転寿司の人のもよう。まあ、そりゃ見渡すわな。

 帰宅後、本日、納涼古本市ときいて出かけるか迷ったが、これ以上本が増えてもダメなので今日は我慢。古本市で黒髪の乙女と出逢って懇意になりたい人生だった。四時より研究室にて教授と面会の約束をしているので、学内へ。蔵書管理の件である。

 戻ってからなんとなく90年代の音楽をきいた。アニメはこの数年みているが、それ以外のテレビをほぼ見ないので、なかなかヒット曲などが分からない。興味深い。「ポケベルが鳴らなくて恋が待ちぼうけしてる」って万葉感あるタイトルだ。国産歌謡曲における英詞の役割とか機能についての通史的、社会学的研究ってないんだろうか。ちょっと気になる。英語だけが選ばれた理由も何かあるのだろうか。スペイン語、タガログ語ではダメだったのか。

 ネットを流しながら、ふと化粧やファッションの流行が何年かで循環してるってのは、人類の動物的特性、身体性にもとづく多様性の限界って話な気がした。身体改造を施したり、またはガングロとかヤマンバのような極端なもの以外は、不気味の谷みたいなフォルムと装飾の均衡がどこかにあって、そことの近似値で図られる的。

 夜、ネット仲間が聖地巡礼や礼拝に必要な「光る棒」を貸してくれるというので珈琲屋にて待ち合わせ。ちょっと緊張してきた。国際情勢とは関係なく、いよいよ迫るイベント日に向けて、原稿を書かねばならない。が、書けない。