どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

頭痛、スマホ忘れ、友人たち

f:id:timelost:20181214022347j:plain

12月12日 水曜日 晴れ

 11時半に起き、午後一の演習のため学内へ。15時前くらいの電車に乗って大阪へ。昨晩、疲れ過ぎていて、今日は寒くないんじゃないかと思い、一枚少なくして寝たのが災いしたか、頭が痛く、疲れている。行きしなの電車も、微妙な感じだった。

 到着後、SF古典こてん1巻を読んだ。大変興味深い。しかし、こうやって、やっと自由に本を読める時間が出来た。研究もそうだが、読書と書く時間を来年以降は確保せねばならない。

 ちょうど、読書にひと段落ついたところに、喫茶店仲間の船長が来たので、久しぶりですと相席。現場仕事の友人、社内SEの人も加わり、楽しく過ごした。

 パイシチュー、紅茶、パスタを食べた。おいしく楽しい時間である。久しぶりに、追われ続ける仕事と締め切りを考えずに、しょうもないことを駄弁る時間、プライスレスである。

 22時前に帰宅。VOYを観て、漫画を読んでいたら断続的に寝たせいか、眠くならず、そのまま6時半まで起きてしまった。地下深部の広大な生命の森というニュースはなかなか胸が熱い。

f:id:timelost:20181214023647j:plain

シーズン6-10 第130話

邦題:遥か彼方からの声

原題:Pathfinder

あらすじ……ヴォイジャーとコンタクトすることに没頭し、以前にも増してホログラムのクルーへの依存を強めていたレジナルド・バークレー大尉は、上司からの研究命令を拒否してしまう。それはカウンセラー、ディアナ・トロイの興味を引いた。

発表、ラーメンくった、資料を買う

f:id:timelost:20181214021434j:plain

12月11日 火曜日 晴れ

 5時半過ぎに寝て11時半前に起きた。校正を終えて14時。45分から、前の人の発表が始まる。さすがに眠いので迷ったが、少しだけ横になり、15時に学内へ。なんと、ぼくの前の発表予定者が病欠とのことで、急遽繰り上げ発表。

 無事に発表を終えて、17時、近所の家系らーめんへ同僚たちと早めの夕食へ。疲れ果てた体に濃い味がしみる。これにてD2後期において最重要の義務を果たしたことになる。無論、これで終わりではないが、最大の懸案であった。

 いい気分で古本屋などによって資料を入手。吉岡書店が移転していた。その後、隣の研究室の修士くんの顔を見て、20時前に帰宅。

 だらだらとスタトレVOY、短編SFなどをみて3時前には寝た。

www.youtube.com

www.youtube.com

f:id:timelost:20181214021621j:plain

シーズン6-9 第129話

邦題:果てしなき疑惑

原題:The Voyager Conspiracy

あらすじ……セブンは、処理能力を超える量の情報をダウンロードしたために、あらゆるものを疑いの目で見るようになってしまう。ジェインウェイとチャコティに密かに報告を続けながら、セブンは、マキと艦隊の間の相互不信を再燃させる。

作業、作業、作業

12月10日 月曜日 晴れ?

 10時半前に起きて11時半より作業開始。近所で買ったパンをかじりながら最初の数ページは順調に滑り出した。

 13時半から16時半まで昼寝など休憩。その後、21時半くらいまで作業。21時に職場へ電話。どうやら自転車を盗まれたとのこと。ぼくが最後にみた可能性が高く、もしかするとカギを忘れていたかもしれない。しかし、覚えていない。警察には届け出るために、一応状況の確認ということだった。

 発表原稿作成の分量が思ったより多く終わらない。この時点で、全四章構成のうち、未だ2-5であり、2-11予定である。3章は小項目なし、4章はこのままだと示唆に留めて結語となる。不幸中の幸いでクオリティはそんなに悪くない。このまま学会発表にも出来そうな程度の完成度ではあるが…。しかし終わらない。クリスマスのインストをひたすら聞きながら作業。

 3時を過ぎたあたりから眠気もあり、疲れもあるので、にぎやかな曲で頭をごまかしながら、ひたすら書いた。朝5時、無事に終わった。

 近所のコンビニにて印刷し、チョコラBBノンカフェをその場で飲んだ。息は白く、路面は湿っている。本当に寒い。とりあえず、何とかここまで来た。あとは起きてから、校正と脚注の見直しである。結局、考えていたテーマを二つ統合し、なかなかに悪くない原稿になったのでは?判断力を失った頭で考えた。学会発表二つ分の分量である。