どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

遅起き、仕事、人面犬のいま?

f:id:timelost:20180811122524j:plain

8月9日 木曜日 晴れ

 昨日が朝4時を回ったので12時半前に起きた。が、まだ眠い。会社SNSの更新、原稿を作成して提出と、取り急ぎ仕事を片付けたら3時を過ぎていた。

 読書をしたいと思い、贔屓の喫茶店へ向かった。が、駅にてスマホを忘れていることに気づく。それをスマホでネットにぼやこうと思い、スマホがないことに気づいて、帰宅。この無意味な外出をどうしようかと微妙な思いになったが、少しだけ涼んでまた出かけた。

 39度近い気温が続くと35度でも涼しく感じる。これは感覚がマヒしているので、全く良くない。ほとんどDV被害者である。昨日は殴られなかったから優しい、みたいな。異常気象、侮るべからず。

 17時頃からあ20時くらいまで「学校の怪談」を読んだ。民俗学と文化人類学の方法論的差異がどこにあるのかをマジメに知りたいのだが、そもそも何を読めばいいのかが分からない。門外漢の辛さである。ぼくが口裂け女流行の年に生まれ、その十年後に人面犬が流行し、翌年には人面魚が流行った。興味深いので、比較的若い知人たちに聞いてみたが、社会現象としての人面犬については知らないか、知っていても妖怪ウォッチのキャラクターとしてのみだった。人面犬のいまを調査するとおもしろいのかもしれない。

学校の怪談: 口承文芸の展開と諸相

学校の怪談: 口承文芸の展開と諸相

 
日本怪談集 幽霊篇〈下〉 (中公文庫BIBLIO)

日本怪談集 幽霊篇〈下〉 (中公文庫BIBLIO)

 

 20時過ぎて、いい加減座っているのにも飽きたので、少し出歩いて場所を変えると、久しぶりの友人に会った。ラーメンを食べて、9時過ぎに再び喫茶店に戻ると、友人であるオーナー氏が出て来て一緒に談笑。良い時間を過ごせた。脱サラして4年くらいになるが、二回目のオフだそうである。二年に一度しかない休日...、やばい。忙し過ぎる...。

 そろそろ顔をみたいなと思っていた人々にも会えて良い一日だったが、帰り道に、昨晩のムリがたたって疲れていることに気づく。あまりに疲れているので、一駅タクシーという贅沢をかました。

 待合まで歩くのが面倒だと思いつつ、先頭車両には女性が乗り込もうとしている。ハイヒールの足が見えたのだ。だから、二番目の車へいくと運転手が身振り手振りで「前に乗れ」という。何でやねん、人おるからこっちに来たんやん...と思って振り返ると誰もいなかった。

 え...。

 人いたのに...。乗り込む際に、運転手に聞いてみたが、訝られてしまった。おそらく人生初の怪異遭遇である。オカルト、UFO、超古代文明と大好きな幼少期より、待てど願えど、会うことはなかった怪異現象であるが、まさか、会えたのであろうか。疲れているのではなく、憑かれている可能性が微粒子レベルで存在するのか。

 クタクタになりつつ帰宅。電車内で寝てしまったので、4時過ぎまで起きてしまった。

karapaia.com

 

R.I.P、研究室シアター化計画、地球奪還

f:id:timelost:20180811111438j:plain

8月8日 水曜日 晴れ

 10時頃に一度起きたが11時にまた起きた。本日何もないので、そろそろ書かねばと思っていることの下書きを始めた。下書きついでに、それをnote.muで売って小遣いを稼ごうという魂胆である。優秀な研究者である友人は、十万円ほど稼いだらしい。文筆業でやっていけるとは思わないが、勧められたこともあり、そして金を稼がねばということもある。

 予定としては、別の内容を考えていたが、専攻に関する偉人の訃報もあったので敬意と哀悼を示すために、かの学者の名を起点に約3,000字ほど通史を書いた。通史とはいえ、戦後百年を迎える2045年まで書いているので、イメージや文学の類である。

 11時過ぎから16時までかけて、読み物としては良いものを書いたつもりである。広く読まれるとともに、少しでも研究資金=図書費をこれで頂戴したいものである。

 映画「カメラを止めるな!」を観たいのだが、桂川でしかやっておらず、遠くて諦めた。だらだらと過ごして、スト4をやり、その後、隣の研究室にて映画「Extinction地球奪還」をみた。NetflixのSFものは、最近見慣れてきたこともあり地雷だったら、どうしようかと思っていたが、きちんと面白かった。さすがである。日本の全TV局?の製作予算をはるかに超える潤沢な資金をNetflixは映像製作に注いでいるという。噂にたがわぬ結果を見れた。見ていて感じる違和感を全部きちんと回収する良作である。

 非常勤講師殿の提案で寿司を頼み、M1君も加わり、その後も2本ブラックミラーを見るなどして、予定外に朝4時までみた。さすがに疲れたが、白い壁がよいスクリーンとなり、本棚にプロジェクタを置けるので、またぜひやりたい。大きさは、大体縦が1.6m 横が2mほどの画面である。読書灯に浮かぶ寿司は可笑しかった。

www.youtube.com

f:id:timelost:20180811111622j:plain

早起き、不可能大作戦、106才の本


Mission: Impossible - Fallout (2018) - Helicopter Stunt Behind The Scenes - Paramount Pictures

8月7日 火曜日 晴れ

 昨晩22時には寝落ちしてしまい、3時頃に一度、目がさめた。電気を点けっぱか…と思って気付いたら朝6時だった。相当疲れていたのか、熟睡して気分もスッキリである。

 両親やリーマンなど、一般的な職業の生活はこんなのだろうなと思いつつ、とりあえず、会社SNSを更新。数日以内に既刊本の短評を出さねばならないことを思いだした。

 8時くらいまで仕事し、久しぶりに朝マクドを食べた。注文時、キャッシャーが中年のおばさんなのを見て、アメリカンな印象を受けた。つまり、米国における貧困層の労働の場としてのファストフード店である。あまりにも偏見であるけれど。

 帰宅後、そろそろ色々と書きものを考えなくてはならないので、ペンディング状態のものを確認。午前中はブログを更新して終わった。

 午後、友人が京都にラーメンを食べに出てくるというので、ついでにミッション・インポッシブルをみた。普通なら300回は死んでいるところをトムクルーズが切り抜ける話と聞いていたが、本当にそうだった。終始心拍数の上がる映像である。IMAXでみると満足。先回、買い損ねた恐竜世界マグカップとハンドタオルを買った。こういう、いかにも土産物屋で売っているぼったくり的な商品、恐竜世界に関していうと、さもありなんリアリティがあり、大変よい。

 どうでもいいが、007のジェームズ・ボンドとM.I.のトムクルーズを混ぜて記憶していたことに気付いた。

 その後、食通な友人に連れられて名前も看板もないラーメン屋へ。魚介系出汁で、たしかに美味しかった。古本屋に立ちより、研究用資料を購入。いわゆる明治から戦前において、おそらく世界的にもそうだが、何かにつけ「本質」論が流行ったものである。明治45年、すなわち大正元年なので、1912年の発行の本である。106才、祖父よりも長生きである。きっと僕が買わなければ、このままゴミになるだろう。とりあえずのサルベージである。

 いい気分で帰宅したのだが、Amazonに頼んでいたケーブルが別のものが届いており返品、返金処理などのために中々悲惨だった...。夜、スタートレックをみたが、あまり集中できなかった。2時には寝た。

f:id:timelost:20180811105731j:plain

f:id:timelost:20180811105655j:plain