読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:お見送り、引っ越し、人生の背中

     f:id:timelost:20141002184114j:plain

9月29日 月曜日

 朝、京菓子屋へ。タイから来た友人が出発する前にと同居人社会人が連れていってくれた。北野天満宮まわりの上七軒を、さらっと一周歩いた。にしても、本物の和菓子すげえ。キレイで美味しそう、そして、高そう。良い観光である。

f:id:timelost:20140928204258j:plain

f:id:timelost:20140928203614j:plain

f:id:timelost:20140928204059j:plain

 午後、友人の見送りと同居人社会人の引っ越しの手伝いついでで、大阪まで高速を飛ばした。なんばで降りて梅田でお見送り。見慣れた街の雑踏に、友人は消えていった。これにてやく一週間と少しの友人滞在は終了である。楽しかったけど、少し疲れたな。明日は何もしないようにしよう。

f:id:timelost:20140929031831j:plain

f:id:timelost:20140929032047j:plain

f:id:timelost:20140929032234j:plain

 で、今度は同居人の引っ越し先へ。車で約一時間といったところか。地方から出てきた僕の人生の背中ともいえる街へ。十年ぶりくらいかもしれない。ただの地方都市の青年が出てきて、初めて他者や社会の広がりを知った場所である。同居人社会人の門出を思いつつ、さまざまな記憶が交錯した。暗くなる中、高速で帰宅。同居人がうどんをおごってくれた。マスターキートン第一巻にある「あそこが私の人生の背中なんだよ」という言葉を思い出した。

f:id:timelost:20140929043157j:plain

f:id:timelost:20140929053246j:plain