読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:キートンを買った、修道院、闇金ウシジマくん

宗教・歴史 アニメ・漫画 映画みた

f:id:timelost:20141103140822j:plain

11月1日 土曜日

 雨のち曇り。起きたら学生氏、来春より行くつもりのオープンキャンパスのため帰省。院生氏は相変わらずグロッキー、病院へ行った。友人の年年歳歳花相似 歳歳年年人不同という久しぶりにみる文字列を見て漫画マスターキートンの全巻セットを思わず買ってしまった。管見では漫画としては不動の第一位である。

 シャワーを浴びながら、ふと考えた。米国には1920年代以来、スコープス裁判で社会的敗者となったキリスト教徒の一部が進化?して、現在はいわゆる福音派という人々になった。その中でも過激な一派が、創造科学ということを喧伝していることは周知の通りだ。

 個人的に、キリスト教創造論(ユダヤもイスラムの大枠は一緒)に関して、僕はそれで良いと思っている。ただ、創造科学というのは、ちょっと無理があろう。このブログでも何度か書いたように思うが、近代以降の科学というのは、自然・社会・人文の三分野に別れており、いわゆる聖書の解釈というものは人文学において扱われなくてはならない。

 従って、どんなに創造科学と呼ばれる人々が「科学的」といおうと、その学問性は、まず人文学において検証されねばならない。つまり、創造科学というのは、自然科学ではなく、福音的キリスト教による聖書解釈=人文学である。

f:id:timelost:20141025125636j:plain

 午前中は食事を作成し、アニメを見ながら昼食。四月は君の嘘を見た。ちはやふるが好きな人は好きになると聞いていたが、僕はちはやふるを見ていない。なんというか恥ずかしくて見れないのだ。男子校出身者の妙なコンプレックスなのかもしれないし、厨二病と童貞と宗教を拗らせた男の末路なのかもしれない。昼飯のみりん醤油漬けのタラ焼が美味かった。

 明日、在米時にお世話になった恩師が来日し、関西各所で講演するとのこと。行こうかと思ったが、疲れているのと、同居人の風邪がひどいのとで、ちょっと辞めておくことにした。来年の夏にアメリカに行って、そこで挨拶しよう。しかし、どう考えても明日兵庫県に行く方が近いのは事実である。


「四月は君の嘘」第二弾PV - YouTube

 午後、修道院での八日間の黙想から帰って来た友人司祭と話す。ああいう日常を僕も過ごしたいものだ。思わず良い話を聞けて満足。夕刻、なぜか思い立って中学の同級生を検索してみた。関わろうとは思わないし、こちらから申し上げることは何もないんだが、いやはや。人生というのは色々あるんだなと思った。

 夜、体調不良な院生氏のために食事をつくり、彼と劇場版うしじまくんをみた。うしじまくん、楽しい。が、主役の女の子に華がないと思っていた。で、後で調べるとAKBの人だった。ならば仕方ないのかもしれない。もっとも僕は演技だの音楽だの芸事はど素人なので、素人の意見でしかないが。それと前々から思っているが、闇金ウシジマくんの原作は、現代社会と道徳の教科副読本として採用すべきだと思う。こういう現実もあることを知っとくのは悪くないんじゃなかろうか。


映画「闇金ウシジマくん」予告篇 - YouTube

闇金ウシジマくん 32 (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん 32 (ビッグコミックス)