読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:主の降誕日夜半ミサ、独男深夜の反省会

宗教・歴史

f:id:timelost:20141224064259j:plain

12月24日 水曜日

 昨日頑張ったせいか、または大丈夫だろうと暖房を切って寝たせいか、朝起きると頭が痛い。うーんと唸りながら半日を過ごし、長く風呂に入った。汗をかいたからか体調回復。暗くなっていたが、クリスマスなので礼拝に出た。

 今回は、友人のチベット仏教研究者の方が興味を示してくださったので、彼が間に合う教会を探してお邪魔した。車で友人を送迎するつもりだったが、さすがに政令指定都市内の教会で、もっとも混雑が予想される時間に外部の者が駐車場を使うのは気が引けて、一度車を取りに帰ることにした。夜7時、ちょうど間に合った。

 受付を済まし、扉を開けようとしたら勝手に開いた。目の前には恰幅のよい若い司祭さん。僕と同世代だろうか、そして僕より重そうである。タイミングが良かったようで、いまからキャロリングのようだ。誰もが聞いたことがあるクリスマス讃美歌が歌われる。

 興味深いのは一部プロテスタントと歌詞が違うことだ。現在は新共同訳聖書というものがあり、カトリックとプロテスタントの多くが一緒に使っている聖書がある。この際、讃美歌の歌詞も統一したらどうかと思うが、重要な典礼歌であればあるほど、その神学が現れるので、難しいのかもしれない。


 割に派手に光るマリア様の周囲を教会の皆さんが囲み、大通りに向かって歌われる神への声。クリスマスだ。キャロリング後、友人と院生氏を待っていたら、受付の方が話しかけてきた。なんとシスターさんとのこと。カトリックの有名な神父さんに友人がいるので名前を出すと、あら、そうですか、と喜んでくださった。

 とまあ、そんな会話をしているうちに友人と院生氏到着。会堂に入る前に、あっと声がした。ふりむくと、そこには研究室の方がいた。聴講生で何年も通って熱心に学んでいらっしゃる方だった。互いに驚いたが、彼女は快く僕らを案内してくださった。中はすでに多くの人が座っており、子供たちのための席が少し空いている程度。ただ、子供がまだ少ないという理由と、新来者であるという理由で子供席に座らせてもらった。恐縮である。

 座って落ち着くと、右列で手を振る若い女性。院生氏の研究室の留学生の方である。どうやら彼女はカトリックで、ここに通っているようだ。地下教会にもいたことあるということなので、中国政府の管理下にあるまがいものでなく、本物のカトリック信者の家庭に育ったのだろう。僕にも気さくに話しかけて来られたので、これまた恐縮である。

 そうこうしてる間に、讃美歌が鳴りはじめ、皆、起立。ミサが始まった。白い服を来た侍者の子供たちと司祭さんたちが入場してくる。どうやら先の恰幅のよい司祭さんが主任司祭らしく、アンパンマンのような満面の笑みで司式。良くも悪くも、非常に演劇的だが、憎めない感じ。

 ミサはカトリックらしく決まった形で進んでいく。ニカイア・コンスタンティノポリス信経が身に染みる。途中、アンパンマン司祭の説教も入る。色んな辛いことがある。しかし、神があなたのそばにいる。大丈夫だ、あなたは愛されている、という内容。シンプルだが説得的に語る。ちょっと感動した。

 が、誰かに似ていると思っていたら、この司祭さん、マツコDXに似ているのだ。ということで、なんか感動しながら笑うのを必死に抑えるという状態になった。ただ、この司祭さんはとにかく歌がうまかった。体型は森久美子みたいな感じなので、もはや彼が何物なのか分からないレベルである。アンパン・モリクミ・マツコ司祭DX。


 ミサの最後は「荒野の果てに」の邦題で知られる讃美歌で終わり。先のシスターさんが、クリスマスパーティに残るように勧めてくださったが、友人は明日も仕事で早いので、僕は原付で一度帰宅。車で、院生氏と友人を拾いにいった。

 友人にどうだったかと聞いてみると、興奮した様子で答えてくれ、非常に楽しんでくださったご様子。何よりである。彼を送り、院生氏と川端通りを北上。腹が減ったので、サイゼリヤによって遅い夕食。クラムチャウダーと野菜ピザを食べた。久しぶりに食べる食事の味が美味しい。

 夜11時半、無事に帰宅すると、ミャンマーの仏教研究者より連絡。ネットでだらっと話す。楽しい。ちなみにミャンマーでは、イギリス統治の影響でクリスマスは休みだが、日本のように商業化されたりはしていないらしい。何でもないただの休みなのだそうだ。興味深い。

 彼と話していると、タイ在住の友人がスカイプに乗ってきて、その後、東京の某一流出版社で働く友人も参加。独身男四人がガンクビ揃えて話し合うクリスマス前夜から未明。誕生日以後、ひたすら下痢、苦しみますだったが、やっぱりメリークリスマスだな、と思った。神学的にも間違っていないと思うが、他者とは、世界とは、やはり贈り物なのだ。だから、これを読むあなたにも言おう。メリークリスマス。どうかあなたに神様の祝福がありますように。過ぎた日々の罪と痛みが赦され癒されて、あなたが新しい命に向かって歩き出すことができますように。主の御名によって、メリークリスマス。

The Real Meaning of Christmas Lyrics -Joe Pace & The Colorado Mass Choir Lyrics - Joseph Pace

Tell me what Christmas means to you, how many gifts will you go through;

well it really doesn't matter if the gift is great or small, without Chirst,

there's no Chirstmas at all.

The real meaning of Christmas ain't about mistletoe.

The real meaning of Christmas ain't about dashing through the snow.

The real meaning of Chirstmas ain't found in a toy.

The real meaning of Christmas is Mary's baby boy, is Mary's baby boy.

Silent night, holy night, all is bright, that's the real meaning.

Glory to the King, angels sing, that's the real meaning,

that's the real meaning.

Merry Christmas,don't mean the same if it ain't in Jesus' name.