読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:魚醤うまい、その後、深夜徘徊

アニメ・漫画 仙台での夏

f:id:timelost:20150803200927j:plain

8月4日 火曜日 晴れ

 午前中、朝食をたべた後、写真の編集。昨晩安くなっていたメロンが美味しい。昼食は近所でタイ祭りらしいが、外は暑いので別のアジアン料理店へ。ベトナムの魚醤?をかけたフライドチキン定食が美味しかった。なんというか独特の味わいである。苦手な人もあろうが、辛すぎでなければ好きだな。美味しい。

 通りがかりのデパートで浴衣などが積まれているのを見た。着ようと思ったことがないので知らなかったが随分と値が張るんだなと思った。色合いはきれい。

 帰り道、通りがかりの本屋にて友人の本が平積みにされているのをみる。ぜひ、これからも売れて頑張っていただきたい。老舗の本屋らしく、店内の看板に時代の流れを感じた。当初、検索システムは画期的だったのだろう。その検索の電子化は論理的帰結として電子書籍を生み出し、いまや書店の存在意義を脅かしている。僕は本屋は好きなほうなので、ぜひ、こういう老舗には残ってほしものだが、どうなっていくのだろうか。

f:id:timelost:20150804003537j:plain

f:id:timelost:20150804013623j:plain

f:id:timelost:20150804021258j:plain

 午後。以前、兵庫県に住んでいた際にお世話になっていた上司的存在とスカイプにて通話。いろいろと良い話し合いができ、僕が抜けた後の良い話も聞くことができて良かった。

 人生の景色というか小さな区切りというか、そんなときには信仰について考える。既にキリスト教徒である時間のほうが長くなりつつあるのだが、説明できない納得、浮かんでいた、またはほったらかしの出来事の意味が再帰的につながっていくことを感じる日々だ。不可逆の流れであるが、底流のようなものが上層にあがってくる感じ。

 夜、夕食を食べながら、血界戦線と空戦魔導士をみた。後者はとくにソードアートオンラインのパクリのようにしか見えず、一話切りになってしまった。それと、つい最近買ったばかりのネクサスの画面保護フィルムが分離してはがれ始めた。やはり安かろう、悪かろうということだろうか。

f:id:timelost:20150804093632j:plain

f:id:timelost:20150804094927j:plain

f:id:timelost:20150804095430j:plain

f:id:timelost:20150804100239j:plain

 アニメをみた後、運動のため深夜徘徊。とはいえ、そんなに遅い時間ではないのだが、川沿いをたくさん歩いた。当然汗だくだが夏を感じるにはよい。水面に鏡面世界が広がる様は美しく面白い。ドラえもん・のび太の鉄人兵団を思い出す。たしか、鏡面世界が重要な役回りを持つのは、この作品だった気がするが違うかもしれない。

 夜に淡く微かに揺れるカーテンの色の影が、その部屋ごとの人生の彩のような気がして、それが全体として織りなす色合いが川面に反射して、僕の目には空が二つ映っている。遠く虫の音が聞こえ、波の音のように自動車のエンジン音が近づいては消えていった。

f:id:timelost:20150804095832j:plain

f:id:timelost:20150804100434j:plain