読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:知人来歴、散歩、ぼっちの矜持

仙台での夏

f:id:timelost:20150821110519j:plain

 8月19日 水曜日 快晴

 午前中、再び知人のする喫茶店へ。読書の休憩がてら、知人の経歴をきいた。静岡で生まれ米国テキサスにて大学を卒業し、その後マイアミで料理を学び、震災支援ボランティアとして仙台にきて、お連れ合いに出会って結婚。結局、住むことになったとのこと。事実は小説より奇なりというか、人々の生涯の光彩もまたそうである。読書も数十ページだが、重要な部分も読めたので満足。カボチャと塩だけで、じっくり作った冷製スープがべらぼうに美味かった。

 食べすぎたのもあり本屋などによって一時間ほど歩いて帰宅。昼食は名前にインパクトのある店へ。定食をたべた。

f:id:timelost:20150821110649j:plain

 夕方、友人より連絡。新しく始めようとしていることが面白いことになって続いていけば、と思う。その後、お茶屋に行き静岡煎茶を飲む。十年ほど前にweb雑誌を一緒にやっていた知人と会い友人となった。僕の周囲には、ぼっち好きが多いのだが、そういう人たちが僕は好きだ。端的におもしろいからである。同時に、数年に一度しか会わない人々との関係も重要であるが、身近な人への謝意を覚えることもまた重要だなと歩きながら反省した。