読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっか暖かいとこで猫と静かに海みて暮らしたい

ネットの海の枯れ珊瑚がふく泡...('A`).。。... 書いてることは全部嘘です

にっき:研究室召集日、デッドプール、俺妹カリフ

f:id:timelost:20160603122755j:plain

6月2日 木曜日 快晴、風つよい

 今日は何もないので一日がっつり資料を読もうと思っていたが、研究室召集日だったことをリマインダーで思い出した。oh... 思い出して良かったけど、参るなぁ。とはいえ文句をいえど仕方ないので、予定を変更し、早めに登校。昼食を院生氏と中華へ行った。中国人一家が切り盛りする店で一階が満席だったので二階へ。サークル?か何かの学生がウェーイ!と盛り上がっている中、僕と院生氏は角テーブルで静かに食べた。よく晴れている。

 授業までの時間、研究室は使用中なので生協へ。アイス珈琲を飲もうと思ったが、思わずノンアル飲んでしまった。本当によく晴れている。平日だが、ちらりほらりと観光客や修学旅行生も見える。隣にいた中学生らしき男の子たちの会話が風に乗って少しだけ聞こえた。「もう絶望的だと思うんだ…」なんと、まじかよ。

 少し気になったが読書を継続し研究室へ。あの中学生君にキルケゴール「死に至る病」でも手渡せば良かったと院生氏と話した。物語の始まりは、たぶんこう。「修学旅行でたまたま立ち寄った大学で、隣に座ったおじさんにキルケゴールの本をもらったんです......」そう語る少年が、日本におけるキルケゴール派とキェルケゴール派を調停した現在の学長Aさんであった…。あり得るありふれた一つの未来、かもしれない。


 研究室では米国のフェミニスト界隈におけるキリスト教のマリア理解、キルケゴールにおける復活の可能性について聴講。夜、変態仮面2を見たいと思っていたが、なぜかオンライン情報とは違って上映していなかったので、代わりにデッドプールをみて帰宅。英語版予告では派手に人が死んでいて分かりやすいのだが、日本語版では全カット。まあR15指定な理由はよく分かる。とにかくテンポもよく面白いと思うが、ちょっと疲れるかなぁ。それとX-MENの話だとは知らなかった。X-MENはウルヴァリンが日本に来た?話以降見れていない。結構、好きなんだが。にしても最近はアメコミのクロスオーバーが流行なんだろうか。

 映画館の外に出ると本当に寒かった。北海道で雪が降ったというのも納得してしまうくらい寒い。帰宅したら、興味あって購入したイスラム教の同人誌が届いていた。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のパロディで「カリフ制」とか、発想が大気圏突入し過ぎてる。イスラム理解を更新してくれる内容だったので「俺妹カリフ」は良書。どうでもいいが、おれいもカリフって語呂が何とかピラフみたいでいい感じ。あと関西ではよく見かけるお坊さんのフリーペーパーも読んだ。坊さんの失恋内容に笑ってしまった。そもそも僧侶が恋愛なんて、というのは野暮なツッコミと言える。突っ走ってて良い。なんというか宗教に関してガチなくせに、こういう雑でゆるい感じは、世俗化した先進国()都市部の良いところだな。

f:id:timelost:20160603121615j:plain